Redmineヘッドライン 月刊まとめ(2020年5月)

2020-06-08 17:30  •  分類: ,  • 

オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアRedmineに関する最近のトピック(新機能、テーマ、プラグイン、運用方法、使い方、サービスなど)を「Redmineヘッドライン」からピックアップして紹介します。(2020年5月の話題をまとめ)

今日使える明日のRedmine「RedMica 1.1.0」リリース

2020年5月31日(日本時間)、Redmine互換のオープンソースソフトウェア「RedMica1.1.0」がリリースされました。 Redmineの次期バージョンの新機能が先行して使えるRedMicaは、5月と11月に定期的にバージョンアップされます。

今日使える明日のRedmine「RedMica 1.1.0」リリース

2020年5月31日(日本時間)、RedMica 1.1.0 (2020-05) がリリースされました。

「こどもれっどまいん」というテーマを作っています。 (qiita.com)

子ども向け(小中学生向け)のやわらかいイメージの Redmine用テーマです。

「こどもれっどまいん」というテーマを作っています。 - Qiita

プラグイン・テーマ・ツール

Redmine draw.io plugin がすごい便利そうなので紹介したい (qiita.com)

ブラウザ上で図を書くことのできるツールdraw.ioからRedmineに画像を簡単に挿入できるプラグインを紹介されています。

Redmine Banner Plugin v0.3.2 (github.com)

Redmineにバナーを表示できるプラグイン。バグフィックス等のリリースです。

Redmine Issue Templates Plugin v1.0.2 (github.com)

Redmineのチケットのテンプレートを登録できるプラグイン「Issue Templates 」のバージョン1.0.2がリリース。グローバルコメント用のテンプレートを登録できるようになりました。

Redmine かんばんプラグイン(it-managers-life.hatenablog.com)

Redmineかんばんプラグインの表示フィルターに「バージョン」が追加された新バージョンがリリースされました。

Redmineかんばんプラグインの紹介 - Happy SE Life

Redmine plugin - Git Server(github.com)

RedmineにホストされたGitリポジトリにPush/Pullできるプラグインです。

redmine-issue-loader のバージョン2.3.0をリリースしました(blog.enjoyxstudy.com)

CSVを読み込んでRedmineのチケットを新規作成、更新できるツール「redmine-issue-loader」のバージョン2.3.0がリリースされました。

その他

Redmineとチャットツールはどのように使い分けるべきなのか (forza.cocolog-nifty.com)

Redmineとチャットツールの併用と課題。

DockerでRedmineを構築 - YouTube (youtu.be)

DockerでRedmineを構築する手順を動画で解説されています。

【Redmine 4.2 を先取り】RedMica 1.1 (2020-05) 新機能ハイライト (slideshare.net)

Redmine互換のオープンソースソフトウェア「RedMica1.1」の新機能をハイライトで解説されています。(次期バージョンRedmine4.2の新機能を先取り)

【オンライン開催】第18回redmine.tokyo勉強会 (2020年5月23日) (redmine.tokyo)

2020年5月23日、Redmineの勉強会「redmine.tokyo」第18回勉強会がオンライン開催されました。発表者の資料や動画をご覧頂けます。

サービス

My Redmine(Gen.2)ストレージ容量を倍増!スタンダードプランは200GBに(hosting.redmine.jp)

Redmineのクラウド版「My Redmine」では、ストレージ容量が2倍に倍増されました。 「My Redmine」は無料でお試しできます。

My Redmine(Gen.2)ストレージ容量を倍増!スタンダードプランは200GBに

2020年5月11日よりMy Redmine Gen.2(ジェネレーション2)において、スタンダード・ミディアムの両プラン(ガバメント含む)のストレージ容量を倍増いたしました。

Planio Storageにファイルダウンロードを管理する新機能を追加 (support.plan.io)

Redmineベースのサービス「planio」のPlanio Storageで履歴が表示されるようになりました。

Redmineヘッドラインのご案内

Redmineに関心のある方にRedmineに関する2020年5月話題を「Redmineヘッドライン」からピックアップして紹介しました。

RedmineヘッドラインではRedmine関連の情報を随時更新しています。ここではご紹介できなかった情報も掲載されていますので、どうぞご覧ください。

作成: 2020-06-08 17:30  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。