今日使える明日のRedmine「RedMica 1.1.0」リリース

2020-05-31 23:00  •  分類:  •  前田剛

2020年5月31日(日本時間)、RedMica 1.1.0 (2020-05) がリリースされました。Redmineの次期バージョン4.2.0の新機能のうちおよそ80が先行して利用できます。

注目の新機能

  • Feature redmine-4511: グループをウォッチャーとして追加
  • Feature redmine-3369: ユーザーアカウントのメールアドレスのドメインの制限
  • Feature redmine-7056: チケット・Wikiページの添付ファイルをまとめてダウンロード
  • Patch redmine-32628: 優先度が高いチケットの更新を通知するオプション
  • Patch redmine-22913: CSVインポート時のフィールドの対応関係を自動設定
  • Feature redmine-28198: CSVインポート時に「関連するチケット」を設定
  • Feature redmine-32818: プロジェクト一覧のデフォルトの表示形式設定
  • Feature redmine-33254: チケット表示画面に「完了」「未完了」のバッジを表示
  • Feature redmine-1575: Wikiツールバーのテーブル挿入ボタン
  • Feature redmine-32528: Wikiツールバーのコードハイライトボタンのカスタマイズ
  • Patch redmine-32436: 作業時間の詳細のグループ条件に「チケット」を追加
  • Feature redmine-31589: チケットがクローズできない場合の理由を表示

新機能ハイライト 解説資料

RedMica 1.1 (2020-05) 新機能ハイライト (PDF)

【Redmine 4.2 を先取り】RedMica 1.1 (2020-05) 新機能ハイライト from Go Maeda
### 新機能ハイライト 解説動画

RedMicaとは

RedMicaは、Redmine互換のオープンソースソフトウェアです。Redmineの開発リポジトリ内の最新ソースコードを元に6ヶ月ごとにリリースを行います。オリジナルのRedmineより短い間隔でリリースが行われるため、Redmineの次期バージョンの新機能が先行して利用できるのが最大の特徴です。

ファーエンドテクノロジー株式会社がRedmineのクラウドサービス「My Redmine」のサービス提供用に開発し、オープンソースソフトウェアとして公開しています。

RedMicaについて詳しくは以下のページをご覧ください。

Redmine互換課題管理システム「RedMica」 リリースの狙い - ファーエンドテクノロジー株式会社

関連情報


今後のRedmineの新バージョンリリースをメールでお知らせします。ぜひ下記ページよりメールサービス「Redmine News」にご登録ください。

最新情報お知らせメール「Redmine News」 (Redmine.JP)

作成: 2020-05-31 23:00  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。