Redmineワンポイントチェック(11): マイページにカスタムクエリを表示する

2018-06-27 15:00  •  分類:  •  石原佑季子

Redmineをより便利に、効率よく使いこなすためのチェックポイントを紹介する連載記事「Redmineワンポイントチェック」の第11回は、マイページに表示するチケットの条件をカスタマイズできる方法です。


マイページにはデフォルトで「担当しているチケット」や「報告したチケット」が表示されます。チケット以外にもパーツを追加することで、カレンダーや最新ニュース、作業時間などを表示することができます。

さらにRedmine 3.4からは マイページにカスタムクエリを表示できる ようになり、 表示するチケットを自分でカスタマイズすることが実現可能になりました。

カスタムクエリは、チケット一覧画面でフィルタ条件などを保存して1クリックで表示できる機能です。自由に条件を設定して絞り込んだチケットの一覧を表示することができます。

カスタムクエリを利用して自分好みのマイページにカスタマイズしましょう。

1. カスタムクエリを作成する

まだカスタムクエリを作成していない場合は、はじめにカスタムクエリを作成しましょう。

カスタムクエリの作成方法は下記をご覧ください。 http://redmine.jp/glossary/c/custom-query/

2. マイページにカスタムクエリを表示する

以下の手順で作成したカスタムクエリをマイページに表示します。

  1. 左上メニュー「マイページ」をクリック
  2. 右上の「追加」のプルダウンより「チケット」を選択する
  3. 「カスタムクエリ」のプルダウンより作成済みのカスタムクエリを選択する
  4. 「保存」をクリック

関連記事

バックナンバー

この連載は毎月下旬に掲載します。「Redmine News」に登録いただくと新着記事をメールでお知らせします。
最新情報お知らせメール「Redmine News」 (Redmine.JP)


作成: 2018-06-27 15:00  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。