Redmineワンポイントチェック(1): ユーザーは「削除」ではなく「ロック」をする

2017-08-31 16:30  •  分類:  •  石原佑季子

Redmineをより便利に、効率よく使いこなすためのチェックポイントを紹介する連載記事「Redmineワンポイントチェック」を始めます。第1回は使わなくなったユーザーアカウントの取り扱いの話題です。


ユーザーの異動・退職などでRedmineにアクセスできないようにするときに、「削除」か「ロック」どちらにすべきか迷ったことはありませんか?

ユーザーを削除すると、そのユーザーがこれまでチケットを作成したり更新した情報から名前が消えてしまいます。そのユーザーが担当者になっていたチケットについては担当者が空欄になります。また、削除したユーザーは元に戻すことができません。


削除したユーザーは匿名ユーザーと表示され、誰が更新したチケットなのかわからなくなってしまいます。

不要なユーザーはロックする

ユーザーをロックすると、そのユーザーはRedmineにアクセスできなくなります。また、プロジェクトのメンバーの一覧や担当者を選択するプルダウンメニューからも表示されなくなります。

ロックされたユーザーの名前は注記などの履歴にはグレーで表示されます。また、ロックしたユーザーはロックを解除すれば、いつでも利用を再開することができます。

メンバーの異動や退職などでRedmineを利用しなくなったユーザーは「ロック」をしましょう。

ロックとアンロックの方法

ユーザーをロックするには「管理」→「ユーザー」の画面で「ロック」をクリックします。

ロックを解除するには、「管理」→「ユーザー」の画面でステータスは「ロック」を選び「アンロック」をクリックします。


この連載は毎月下旬に掲載します。「Redmine News」に登録いただくと新着記事をメールでお知らせします。
最新情報お知らせメール「Redmine News」 (Redmine.JP)


作成: 2017-08-31 16:30  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。