Redmine 1.3のCHANGELOG (新機能のみ・日本語訳付き)

2011-12-12 23:10  •  分類:

RedmineのCHANGELOGの1.3関係部分のうち、新機能に関する記述(Feature)の日本語訳です。チケット番号はRedmineオフィシャルサイト上のチケットにリンクしています。

  • Feature #69: チケットをPDFエクスポートする際にTextileによる書式指定を適用 (Textilized description in PDF)
  • Feature #401: WikiページのPDFエクスポート機能 (Add pdf export for WIKI page)
  • Feature #1567: 項目「作成者」によるチケット一覧のソートおよびグループ条件設定 (Make author column sortable and groupable)
  • Feature #2222: Wikiページの見出し単位での編集 (Single section edit.)
  • Feature #2269: 新規チケット作成時に現在の日付をデフォルトの開始日とするかどうか設定可能 (Default issue start date should become configurable.)
  • Feature #2371: 添付ファイルのエンコーディングを自動判別して表示する際の文字化けを防止 (character encoding for attachment file)
  • Feature #2964: グループへのチケット割当 (Ability to assign issues to groups)
  • Feature #3033: チケット作成後に表示されるメッセージにチケット番号とチケットへのリンクを追加 (Bug Reporting: Using “Create and continue” should show bug id of saved bug)
  • Feature #3261: PDFエクスポート時に添付ファイルの画像も含める (support attachment images in PDF export)
  • Feature #4264: CodeRayを1.0 finalにアップデート (Update CodeRay to 1.0 final)
  • Feature #4324: アップロードされたファイルを保存する際に元のファイル名を極力維持 (Redmine renames my files, it shouldn’t.)
  • Feature #4729: チケット一覧での日付指定によるフィルタ (Add Date-Based Filters for Issues List)
  • Feature #4742: チケットをCSVエクスポートする際の対象をすべての項目か表示されている項目か指定可能 (CSV export: option to export selected or all columns)
  • Feature #4976: メールによるチケット登録を提供するrdm-mailhanderでAPIキーを --keyfile オプションによりファイルでも指定できる (Allow rdm-mailhandler to read the API key from a file)
  • Feature #5501: Git・Mercurialリポジトリのブランチ・マージの履歴を見やすく表示 (Git: Mercurial: Adding visual merge/branch history to repository view)
  • Feature #5634: チケットをエクスポートしたPDFに子チケット、関連するチケットの情報を追加 (Export issue to PDF does not include Subtasks and Related Issues)
  • Feature #5670: チケット登録時にアップロードするよう指定したファイルのキャンセル (Cancel option for file upload)
  • Feature #5737: カスタムクエリのREST API (Custom Queries available through the REST Api)
  • Feature #6180: カスタムフィールドのフィルタで数値用のオペレータ(=, <, >, ほか)が利用可能 (Searchable custom fields do not provide adequate operators)
  • Feature #6954: 日付指定によるチケットのフィルタ (Filter from date to date)
  • Feature #7180: ステータスの一覧を取得するREST API (List of statuses in REST API)
  • Feature #7181: トラッカーの一覧を取得するREST API (List of trackers in REST API)
  • Feature #7366: 関連するチケットのREST API (REST API for Issue Relations)
  • Feature #7403: バージョンのREST API (REST API for Versions)
  • Feature #7671: 添付ファイルを取得するREST API (REST API for reading attachments)
  • Feature #7832: グループに対するチケット割当 (Ability to assign issue categories to groups)
  • Feature #8420: Consider removing #7013 workaround
  • Feature #9196: mailhandlerでユーザー登録が失敗した際のログの改善 (Improve logging in MailHandler when user creation fails)
  • Feature #9496: mailhandlerにサーバ証明書のチェックを行わない --no-check-certificate オプションを追加 (Adds an option in mailhandler to disable server certificate verification)
  • Feature #9553: カテゴリのREST APIがCRUDに対応 (CRUD operations for “Issue categories” in REST API)
  • Feature #9593: HTMLのタイトルでチケット番号を先に表示するよう変更 (HTML title should be reordered)
  • Feature #9600: フォーラムとニュースにリンクするためのWiki記法の追加 (Wiki links for news and forums)
  • Feature #9607: チケットのフィルタで日付が空のものを指定可能 (Filter for issues without start date (or any another field based on date type))
  • Feature #9609: Rails 2.3.14へのアップグレード (Upgrade to Rails 2.3.14)
  • Feature #9612: チケットに添付されたパッチの差分を横に並べて表示する機能の追加 (“side by side” and “inline” patch view for attachments)
  • Feature #9667: ファイルサイズの上限をアップロード実行前にチェック (Check attachment size before upload)
  • Feature #9690: 通知メール内のチケットへのリンクが更新された注記を指すよう変更 (Link in notification pointing to the actual update)
  • Feature #9720: チケットをエクスポートしたPDFで注記の番号を表示 (Add note number for single issue’s PDF)
作成: 2011-12-12 23:10  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。