Redmine 1.3新機能紹介: PDFエクスポート機能の改善

2011-12-13 13:00  •  分類: ,

Remdine 1.3ではPDFエクスポート機能が強化されました。

Textileによる書式設定を反映

これまではTextileなどで書式指定を行っても、PDFにエクスポートしたときは書式が設定されずTextileの記述がそのまま見えていました。Redmine 1.3ではこの点が改善され、太字・太線などの書式がきちんと適用された状態でPDFが出力されます。

インライン画像の表示

チケットの添付ファイルとして画像を添付しているときは !ファイル名! という記述でそこに画像を表示させることができますが、PDFには表示されませんでした。Redmine 1.3ではインライン画像もPDF内に表示されるようになりました。

なお、PDFでインライン画像を表示させるためにはRedmineがインストールされているサーバにrmagickがインストールされている必要があります。rmagickがインストールされているかどうかは「管理」→「情報」画面で確認できます。

WikiページのPDFエクスポート

WikiページをPDFにエクスポートできるようになりました。Textileによる書式設定やインライン画像も反映されますので、画面で見ているものに近いPDFが得られます。

そのほかの改善

  • 子チケット・関連するチケットが表示されるようになりました
  • 注記の番号を表示

サンプル

以下にPDFエクスポート機能の改善内容のサンプルを示します。

Redmine 1.2 (改善前)

Redmine 1.2でチケットをPDFにエクスポートした場合、書式設定のためのTextileの記述などがそのまま出力されていました。

Redmine 1.3 (改善後)

Redmine 1.3でエクスポートした場合、Textileによる書式設定が反映され、インライン表示の指定を行った画像もPDF内で表示されます。

関連情報

作成: 2011-12-13 13:00  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。