Redmine 1.4.0 リリース

2012-04-15 15:31  •  分類: ,

2012年4月14日、Redmine 1.4.0がリリースされました。

本リリースは、2011年12月にリリースされたRedmine 1.3.0以来のメジャーバージョンアップです。同時にリリースされたRedmine 1.3.3で行われた修正に加えて多数の新機能追加・修正が行われています。

新機能の一例:

  • 一つのプロジェクトで複数のリポジトリを参照可能
  • カスタムフィールド(リストから選択)が複数選択に対応
  • チケットの コピー/複製 および 編集/移動 の統合
  • チケット更新の競合・添付ファイルアップロードが失敗した際の処理の改善
  • 前後のチケットに移動できるナビゲーションを追加
  • REST API: プロジェクトのメンバーの管理、添付ファイルのアップロード
  • Ruby 1.9およびjrubyに正式に対応

1.4の新機能の一覧は Redmine 1.4のCHANGELOG で確認できます。

Redmine 1.4インストール手順

インストール・アップグレード時の注意

  • 依存するgemの管理にBundlerを使用するようになりました。新規インストールや旧バージョンからのアップグレードの際はBundlerのインストール(gem install bundler)および bundle install の実行が必要です。
  • RubyForgeから取得したtarballにRuby on Railsが添付されなくなりました。 bundle install を実行しインストールを行います。
  • 対応環境から Ruby 1.8.6 が外れました。
  • 既存のプラグインが動作しなくなった場合、プラグインの config/routes.rb にデフォルトルートを追加することで解決することがあります(#9778 )。

新規インストール

以下の記事を参考にしてください。

旧バージョンからのアップグレード

現時点で、旧バージョンから1.4.0へのアップグレード手順を説明した公式のドキュメントは存在しません。以下の両方の文書に参照しながら作業を実施してください。特に、Bundlerのインストール(gem install bundler)および bundle install の実行が必要な点に注意してください。

関連情報

Redmineオフィシャルサイト

Redmine.JP

作成: 2012-04-15 15:31  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。