Redmine 1.4のCHANGELOG (新機能のみ・日本語訳付き)

2012-04-15 15:32  •  分類:

RedmineのCHANGELOGの1.4関係部分のうち、新機能に関する記述(Feature)の日本語訳です。チケット番号はRedmineオフィシャルサイト上のチケットにリンクしています。

  • Feature #779: 一つのプロジェクトで複数のリポジトリに対応 (Multiple SCM per project)
  • Feature #971: チケット一覧の項目に「作業時間の記録」を追加 (Add “Spent time” column to query)
  • Feature #1060: LDAP認証の設定項目にLDAPフィルタを追加 (Add a LDAP-filter using external auth sources)
  • Feature #1102: 担当者の一覧に「<<自分>>」を追加 (Shortcut for assigning an issue to me)
  • Feature #1189: カスタムフィールド(リストから選択)が複数選択に対応 (Multiselect custom fields)
  • Feature #1363: プロジェクト識別子でアンダースコアが利用可能 (Allow underscores in project identifiers)
  • Feature #1913: (LDAP – authenticate as user)
  • Feature #1972: ニュースで添付ファイルが追加可能 (Attachments for News)
  • Feature #2009: チケットとリビジョンの関連づけをリビジョン画面から手動で管理 (Manually add related revisions)
  • Feature #2323: 管理者権限を持つユーザーがメンバーとなっていないプロジェクトのチケットも更新可能とした (Workflow permissions for administrators)
  • Feature #2416: Textileで一部のCSSプロパティの利用を許可 ({background:color} doesn’t work in text formatting)
  • Feature #2694: チケットの担当者から外れたときもメール通知を送るよう変更 (Notification on loosing assignment)
  • Feature #2715: チケットの注記にリンクするための書式を追加 (“Magic links” to notes)
  • Feature #2850: クエリの前後のチケットに移動できるナビゲーションを追加 (Add next/previous navigation to issue)
  • Feature #3055: チケットをコピーする際に添付ファイルもコピーするか指定するオプションを追加 (Option to copy attachments when copying an issue)
  • Feature #3108: 新規Wikiページ作成時、親ページを自動的にセット (set parent automatically for new pages)
  • Feature #3463: Wikiの索引から全ページを一括してPDFに出力 (Export all wiki pages to PDF)
  • Feature #4050: Ruby 1.9に対応 (Ruby 1.9 support)
  • Feature #4769: 他のプロジェクトへのチケットの移動がチケット更新画面で行える (Ability to move an issue to a different project from the update)
  • form)
  • Feature #4774: 添付ファイルのリンクをダウンロード専用とし新たに閲覧用リンクを追加 (Change the hyperlink for file attachment to view and download)
  • Feature #5159: プロジェクトのメンバーでないユーザーもウォッチャーに追加可能 (Ability to add Non-Member watchers to the watch list)
  • Feature #5638: Bundlerによるgem管理 (Use Bundler (Gemfile) for gem management)
  • Feature #5643: メール通知のヘッダにチケットを更新したRedmineのユーザーを表す X-Redmine-Sender フィールドを追加 (Add X-Redmine-Sender header to email notifications)
  • Feature #6296: カスタムフィールドの値をコンテキストメニューから一括更新 (Bulk-edit custom fields through context menu)
  • Feature #6386: (Issue mail should render the HTML version of the issue details)
  • Feature #6449: Wikiページの編集画面での親ページの変更 (Edit a wiki page’s parent on the edit page)
  • Feature #7361: 選択中のカスタムクエリをサイドバー内でハイライト (Highlight active query in the side bar)
  • Feature #7420: プロジェクトメンバーに対するREST API (Rest API for projects members)
  • Feature #7603: 題名、説明などの項目を画面切替無しで編集できるよう変更。これにより「プロパティの変更 (続き)」リンクは廃止。 (Please make editing issues more obvious than “Change properties (More)”)
  • Feature #8171: REST APIによる添付ファイルの追加 (Adding attachments through the REST API)
  • Feature #8691: チケットの更新が競合した際の処理の改善 (Better handling of issue update conflict)
  • Feature #9803: REST APIによる異なるプロジェクトへのチケットの移動 (Change project through REST API issue update)
  • Feature #9923: 書式が「ユーザ」であるカスタムフィールドの値の一覧に「<<自分>>」を追加 (User type custom fields should be filterable by “Me”.)
  • Feature #9985: 「作業時間の記録」画面におけるレポートの絞り込み条件にステータスを追加 (Group time report by the Status field)
  • Feature #9995: 作業時間の記録を行う画面に「連続作成」ボタンを追加。 (Time entries insertion, “Create and continue” button)
  • Feature #10020: 作業時間の記録を行う画面でプロジェクトを選択できるよう変更 (Enable global time logging at /time_entries/new)
  • Feature #10042: チケットの一括編集時のプライベートフラグの切替 (Bulk change private flag)
  • Feature #10046: (Update installation doc on release)
  • Feature #10126: チケットのフィルタの「担当者」「作成者」にサブプロジェクトのメンバーも表示 (Add members of subprojects in the assignee and author filters)
  • Feature #10131: 作業時間の記録を取得するREST APIの応答にカスタムフィールドを追加 (Include custom fiels in time entries API responses)
  • Feature #10207: GitリポジトリのデフォルトブランチはHEADを参照して決定 (Git: use default branch from HEAD)
  • Feature #10208: (Estonian translation)
  • Feature #10253: アップロードのために選択したファイルがバリデーションエラーでフォームから消えてしまわないよう改善 (Better handling of attachments when validation fails)
  • Feature #10350: チケットの一括編集時に対象バージョンも変更 (Bulk copy should allow for changing the target version)
  • Patch #9998: チケット編集画面の「任意のコメント」表示が画面に収まっていない問題を改善 (Make attachement “Optional Description” less wide)
  • Patch #10066: (i18n not working with russian gem)
  • Patch #10155: (Russian translation changed)
  • Patch #10464: PDF生成の改善。セルの内容に合わせて幅を調整するなど。 (Enhanced PDF output for Issues list)
  • Patch #10470: (Efficiently process new git revisions in a single batch)
  • Patch #10513: (Dutch translation improvement)
作成: 2012-04-15 15:32  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。