configuration.yml によるRedmineの設定

2011-06-29 20:30  •  分類: ,

本記事は内容が古くなっています。configration.ymlの設定項目についての最新の情報は http://redmine.jp/config/configuration_yml/ をご覧ください。

Redmine 1.2から新たな設定ファイル config/configuration.yml が導入されました。この設定ファイルでは、従来 config/email.yml に記述していたメール関係の設定のほかに、いくつかのオプションが記述できます。

従来の config/email.yml による設定はRedmine 1.2では非推奨です。メール関係の設定も config/configuration.yml で行ってください。

メールサーバの設定

Redmineがメールを送信するための設定です。従来は config/email.yml に記述していたものです。

環境によって設定が異なりますのでいくつか例をあげておきます。

localhostのSMTPサーバを使用する場合

production:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      address: localhost
      port: 25
      domain: redmine.example.com

login認証を行なっているSMTPサーバ(mail.example.com)を使用する場合

production:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      address: mail.example.com
      port: 25
      authentication: :login
      domain: redmine.example.com
      user_name: myaccount
      password: password

メール関係の設定項目

設定項目 説明
delivery_method Redmineからメールを送信する方法です。SMTPサーバを使う場合は :smtp 、sendmailコマンドを使用する場合には :sendmail です。
port SMTPサーバのポート番号を指定してください。
authentication SMTPサーバの認証方式を指定してください。 :plain, :login, :cram_md5 のいずれかです。SMTPサーバが認証を必要としない場合はこの項目は不要です。
domain Redmineが動作しているサーバのFQDNを入力してくだしさい。
user_name 認証の際に使用するユーザ名を指定してください。認証を必要としない場合はこの項目は不要です。
password 認証の際に使用するパスワードを指定してください。認証を必要としない場合はこの項目は不要です。

アップロードされたファイルの保存場所の指定

Redmineにアップロードされたファイルの保存先をデフォルトのディレクトリ(Redmineのインストールディレクトリ直下の files ディレクトリ)から変更することができます。絶対パスで指定してください。

ファイルの保存場所を/var/files/redmineにする

attachments_storage_path: /var/files/redmine

オートログインcookieの設定

Redmineへの自動ログインが有効な場合に作成されるcookieについて、以下の項目の設定ができます。

  • cookieの名前
  • cookieのパス
  • セキュアフラグの有無

デフォルト設定は以下の通りです。

設定項目 意味 デフォルト値
autologin_cookie_name 名前 autologin
autologin_cookie_path パス /
autologin_cookie_secure セキュアフラグ false

cookieの名前を「redmine_autologin」にし、パスを/redmine/、セキュアフラグ有効にしたい場合

autologin_cookie_name: redmine_autologin
autologin_cookie_path: /redmine/
autologin_cookie_secure: true

SCMコマンド(実行ファイル)の設定

svnコマンド、gitコマンドなど、バージョン管理ツールの実行ファイルのパスを明示的に指定できます。デフォルトと異なる場合にインストールされている場合や、パスが通っていない場合などに設定します。

デフォルトでは次の値が使われます。

設定項目 対応するツール デフォルト値
scm_subversion_command subversion svn
scm_mercurial_command mercurial hg
scm_git_command git git
scm_cvs_command cvs cvs
scm_bazaar_command bazaar bzr
scm_darcs_command darcs darcs

mercurialの位置を指定

scm_mercurial_command: D:\Program Files\TortoiseHg\hg.exe

データベースの暗号化

データベースに格納されたバージョン管理システムとLDAPのパスワードを暗号化することができます。暗号化には256bitAESが用いられます。デフォルトでは平文でパスワードが格納されています。

database_cipher_key: ******
******には任意の暗号化鍵を入力してください。

暗号化前

mysql> select account_password from auth_sources;                     
+------------------+
| account_password |
+------------------+
| ldappasswd       | 
+------------------+
1 row in set (0.00 sec)

暗号化後

mysql> select account_password from auth_sources;
+----------------------------------------------------------------+
| account_password                                               |
+----------------------------------------------------------------+
| aes-256-cbc:BgYzwok2En2Wp9pDp78yCg==--n+6K/4G8HTqnaCcSIObVfA== | 
+----------------------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)
作成: 2011-06-29 20:30  •  分類: ,