Redmine 0.9 新機能紹介(5): 管理者で無いユーザーによるプロジェクト作成

2010-01-06 14:48  •  分類: ,

Redmine 0.8まではRedmine自体の管理者権限(「管理」→「ユーザー」画面で「管理者」にチェックが入っているユーザー)しかプロジェクトを作成することができませんでしたが、Redmine 0.9からは一般ユーザーにプロジェクトを作成する権限を与えることができます。

Redmine 0.9からは「プロジェクトの追加」「Create subprojects」の二つの権限が追加されます。

「プロジェクトの追加」権限:
Redmine上のいずれかのプロジェクトでこの権限が付与されていれば、最上位のプロジェクトの追加が可能です。
「Create Subproject」権限:
この権限が付与されているプロジェクトにおいて、サブプロジェクトの追加が可能です。

これら二つの権限は、デフォルトでは管理者ロールに割り当てられています。

プロジェクトの追加

「プロジェクトの追加」権限を持つユーザーには、「プロジェクト」画面に「新しいプロジェクト」というリンクが表示されます。ここから新規プロジェクトを作成するための画面に移動できます。

サブプロジェクトの追加

ユーザーが現在のプロジェクトに対して「Create subprojects」権限を持っていれば、「概要」画面に「New subproject」というリンクが表示されます。ここからサブプロジェクトを作成することができます。

作成したプロジェクトにおいて設定されるロール

前述の画面を使って管理者以外のユーザーがプロジェクトを作成すると、そのユーザーは自動的に作成したプロジェクトにメンバーとして登録されます。このときのロールは、「管理」→「設定」画面の「管理者以外のユーザが作成したプロジェクトに設定するロール」になります。この項目が設定されていない場合は、「管理」→「ロールと権限」画面で一番上に表示されているロールが使用されます。

関連情報

作成: 2010-01-06 14:48  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。