Redmine 0.9 新機能紹介(2): バージョンの継承

2010-01-03 09:41  •  分類: ,

近日中にリリースされると思われるRedmine 0.9の新機能を紹介します。今回はバージョンの継承です。

Redmineではプロジェクトのマイルストーンを表現するのに「バージョン」を使用します。Redmine 0.8までは、バージョンは作成したプロジェクト内のみで使用可能で、他のプロジェクトで使用することはできませんでしたが0.9からは他のプロジェクトと共有できるようになりました。

使用例としては、ある程度の規模の案件をRedmine上ではブシステム単位など複数のプロジェクトに分割して管理しているときに、親プロジェクトで作成した共通のイベントに対応する「バージョン」を各サブプロジェクトでも共有するという使い方が考えられます。

共有の設定は、バージョンの作成・編集画面で行います。

共有の単位は次の通りです。

  • サブプロジェクト単位
  • プロジェクト階層単位 (直系の先祖・子孫プロジェクト間)
  • プロジェクトツリー単位 (最上位の親プロジェクトとすべての子孫プロジェクト)
  • すべてのプロジェクト

関連情報

作成: 2010-01-03 09:41  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。