はじめてのRedmine使いこなし術(15):チケットの添付ファイルを一覧表示する

2019-11-01 12:00  •  分類: ,  •  石原佑季子

Redmine初心者の方向けのシリーズ記事「はじめてのRedmine使いこなし術」では、知っていると便利で簡単なテクニックを紹介します。第15回は、チケットに添付したファイルを一覧で表示する方法を紹介します。


チケットに添付したファイルを一覧で表示するには、以下の2つの操作を行います。

  • 添付ファイルがあるチケットだけに絞り込む
  • チケット一覧画面に「ファイル」フィールドを表示する

チケット一覧画面にファイルを表示

表示方法

  1. 「チケット」タブをクリックしてチケット一覧画面を表示する
  2. 「ステータス」を「未完了」から「すべて」に変更する
    (終了したチケットに添付されたファイルも表示する場合のみ)
  3. 右上「フィルタ追加」のプルダウンメニューから「ファイル」を選択する
  4. 「含む」と表示されているプルダウンメニューを「すべて」に変更する
  5. オプションを開いて、項目「ファイル」を「利用できる項目」から「選択された項目」へ「→」ボタンで移動する
  6. 「適用」をクリック

表示方法4で「すべて」ではなく「含む」を選びファイル名の一部を入力すれば、指定した名前のファイルが添付されているチケットを抽出することもできます。チケットに添付したファイルを探すときなどに役立ちます。


dscからはじまるjpgファイルが添付されたチケットを抽出

設定内容を保存する(カスタムクエリ)

上記で行ったフィルタや表示する項目の設定は「カスタムクエリ」として保存することができます。保存すると、チケット一覧画面で毎回設定しなくても1クリックで簡単に表示できます。設定方法は下記サイトをご覧ください。

カスタムクエリ

チケット一覧画面を開くと「ステータス」が「未完了」のチケット一覧がデフォルトで表示されますが、フィルタやオプションの設定を加えれば目的のチケットを見つ出すのが簡単になります。 ...

関連記事

バックナンバー

この連載は毎月下旬に掲載します。「Redmine News」に登録いただくと新着記事をメールでお知らせします。
最新情報お知らせメール「Redmine News」 (Redmine.JP)


さらに使いこなすためのワンポイントチェック

Redmineをより便利に、効率よく使いこなすためのチェックポイントを紹介。こちらもあわせてご覧ください。 Redmineワンポイントチェック最終回・全11回総集編

作成: 2019-11-01 12:00  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。