はじめてのRedmine使いこなし術(7):サマリー画面でステータスごとのチケット数を表示する虫眼鏡アイコン

2019-02-28 15:00  •  分類:  • 

Redmine初心者の方向けのシリーズ記事「はじめてのRedmine使いこなし術」では、知っていると便利で簡単なテクニックを紹介します。第7回はサマリー画面でステータスごとのチケット数を表示する方法です。


チケットの集計機能「サマリー」は、プロジェクト内のチケットをトラッカー/優先度/担当者/作成者/バージョン/サブプロジェクト/カテゴリごとに分類して集計し、未完了・完了・合計のチケット数を表示します。プロジェクトの進捗度合いやメンバーごとの手持ちの作業量の把握などに利用できます。

サマリー画面


また、虫眼鏡アイコンをクリックすると、未完了・完了のチケット数をより細かいステータスごとに表示できます
※プロジェクトで使用中のステータスのみが表示されるのはRedmine 4.0以降です。

ステータスごとにチケット数を表示


表内の数値はリンクになっていて、クリックすると該当のチケット一覧画面に移動します。サマリー画面で全体的な傾向を確認後に数値のリンクをクリックしてチケット一覧を表示して具体的な内容を把握し、プロジェクトの進行のために必要な行動をとるという使い方ができます。

操作手順

  1. プロジェクトの「概要」画面の「サマリー」をクリック
    もしくはチケット、ガントチャート、カレンダー画面の右サイドバーにある「サマリー」をクリック

  2. 虫眼鏡アイコンをクリック

関連情報

バックナンバー

この連載は毎月下旬に掲載します。「Redmine News」に登録いただくと新着記事をメールでお知らせします。
最新情報お知らせメール「Redmine News」 (Redmine.JP)


さらに使いこなすためのワンポイントチェック

Redmineをより便利に、効率よく使いこなすためのチェックポイントを紹介。こちらもあわせてご覧ください。 Redmineワンポイントチェック最終回・全11回総集編

作成: 2019-02-28 15:00  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。