2016年6月のRedmine開発状況

2016-07-03 11:30  •  分類:

Redmine本体の開発について、2016年6月中の主な動きをピックアップして紹介します。

概況

maintenance releaseである Redmine 3.2.3 と 3.1.6 が6月5日に、そして多数の新機能追加を伴うfeature releaseである Redmine 3.3.0 が6月19日にリリースされました(日付はいずれも中央ヨーロッパ時間)。Redmine 3.3.0は2006年6月にRedmine 0.1.0がリリースされてから10年を迎えるタイミングでのリリースであり、10周年記念リリースとして位置づけられています。

6月は目立った新機能の開発は少なめでした。1ヶ月間でクローズされたチケット数は24件でした。

7月3日 11時の時点のロードマップ画面のチケットの状況は以下の通りです。次期feature releaseである3.4.0と三つのmaintenance releaseの開発が行われています。

バージョン 全チケット数 未完了チケット数
3.4.0 15 13
3.3.1 4 4
3.2.4 4 1
3.1.7 3 0

機能追加・修正

リポジトリにコミットされた機能追加・修正のうちメリットや影響が比較的大きそうなものを紹介します。

Email notifications

Patch #23180: メール通知内のチケット番号にリンクを追加

対象バージョン: 3.3.1 / パッチ作者: Marius BALTEANU

チケットのメール通知のリンクを経由してRedmine上のチケット画面にアクセスするためには、これまではメールの後半部分に記載されたチケットのタイトル部分をクリックしていました。Redmine 3.3.1からはチケット冒頭の文「チケット #○○○ が ○○○ によって更新されました。」のチケット番号部分にもリンクになります。下の方までスクロールしなくてもチケットのリンクがあるので、操作性が若干向上します。

Importers

Feature #22951: CSVインポートで1回の読み込みで複数のトラッカー・ステータスの混在に対応

対象バージョン: 3.3.0 / パッチ作者: Jean-Philippe Lang

Redmine 3.2.0で実装されたCSVからのチケットインポート機能は、一回の読み込みでは一つのトラッカーしか指定することができず、またステータスは必ずデフォルトのステータスで作成されていました。#22951のチケットでの変更により、CSVファイル内でトラッカーとステータスの指定が行えるようになり、機能が向上しました。

リリース済みの3.3.0に含まれています。

Issues workflow

Feature #285: トラッカーに対する権限制御

対象バージョン: 3.3.0 / パッチ作者: Jean-Philippe Lang

Redmine 3.3.0より、トラッカーごとにチケット操作(チケットの閲覧/追加/編集/削除/注記の追加)の権限制御ができるようになりました。これまでは「ロールと権限」画面でロールごとに全トラッカーに対して一括での権限設定しかできませんでしたが、3.3.0では同じロール内でもトラッカーごとに異なる設定が可能です。

Redmineで情報へのアクセスを制御するためにはこれまではプロジェクト単位で行うのが一般的でしたが、トラッカーでもアクセス制御ができるようになったことで、より細かな設定が行えます。

リリース済みの3.3.0に含まれています。

Plugin API

Patch #23153: プラグインから検索結果一覧画面をカスタマイズできるようにするためのインターフェイスの追加

対象バージョン: 3.3.1 / パッチ作者: okkez

全文検索機能を劇的に高速化するプラグイン「full_text_search」の作者の方によるパッチで、プラグインから検索結果画面をカスタマイズ可能にするためのフックなどが追加されました。full_text_searchプラグインの今後の一層の機能向上が期待されます。

full_text_searchプラグインがどのくらい速いのかは、以下のツイートが参考になります。

UI

Feature #15880: どの画面からもさまざまなオブジェクトを追加できる共通のボタン("+"ボタン)

対象バージョン: 3.3.0 / パッチ作者: Jan Schulz-Hofen

2016年4月のRedmine開発状況 でも紹介したオブジェクト追加のための共通の「+」ボタンは一時は3.3.0での実装が見送られましたが、最新のパッチの提供があったことやContributorによる調整の結果、リリースの約1週間前というぎりぎりのタイミングで3.3.0に含まれることが確定しました。

チケットをはじめさまざまなオブジェクトの作成が統合された"+"ボタンがプロジェクトメニューに追加され、チケットだけでなくWikiやニュースなども共通の"+"ボタンによりプロジェクト内のどの画面からも1クリックで作成画面へ移動できるようになりました。

従来の「新しいチケット」タブはデフォルトでは非表示になりましたが、「+」ボタンではなく「新しいチケット」タブを使いたい場合は「管理」→「設定」→「表示」内の設定「「新規オブジェクト作成タブ」で変更できます。

Patch #23192: 活動画面の「前」「次」ボタンのスタイルをチケット画面と同じものに変更

対象バージョン: 3.4.0 / パッチ作者: Marius BALTEANU

チケット画面のページネーションボタンはRedmine 3.2.0でスタイルが変更され、ページ番号や「前」「次」ボタンが大きく押しやすくなっていましたが、活動画面の「前」「次」ボタンは旧来のままでした。Redmine 3.4.0の活動画面はこの点が改善され、チケット画面同様に大きく押しやすいボタンになります。

変更前:

変更後:

作成: 2016-07-03 11:30  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。