Redmine 3.3.0 リリース

2016-06-19 23:50  •  分類: ,

2016年6月19日(中央ヨーロッパ時間)、Redmine 3.3.0がリリースされました。

本リリースは2015年12月にリリースされたRedmine 3.2.0以来のfeature releaseであり多数の新機能が追加されています。100件以上の変更・修正が行われています。

なお、2006年6月25日にRedmine 0.1.0がリリースされてから今年で10年を迎えます。今回のリリースは10周年記念リリースでもあります。

主な新機能

  • トラッカーに対するロールベースの権限(チケット閲覧、チケットの追加、チケットの編集、注記の追加、チケットの削除)制御 (#285)
  • 重要なセキュリティ関係イベントをメール通知 (#21421)
  • オブジェクト作成のための + ボタン (#15880)
  • ステータス、トラッカー、ロールなどの表示順をドラッグ&ドロップで変更 (#12909)
  • 複数チケットに対して一括してウォッチャーを追加 (#5754)
  • チケットIDの指定によるフィルタ (#4806)
  • ツールバーにシンタックスハイライト用の記述を挿入するボタンを追加 (#14937)

そのほかの新機能の一覧は CHANGELOG で確認できます。

影響の大きな変更

Redmine 3.3.0では「新しいチケット」タブがデフォルトでは非表示になり、代わりにプロジェクトメニューに"+"ボタンが追加されました。これにより、チケットだけなくカテゴリ、バージョン、ニュース、Wikiページなどの作成画面に素早くアクセスできるようになりました。

ただし、従来の「新しいチケット」タブの表示に戻すこともできます。3.2.0までの表示に戻したい場合は「管理」→「設定」→「表示」内の「新規オブジェクト作成タブ」の設定を「"新しいチケット"タブを表示」に変更してください。

関連情報

作成: 2016-06-19 23:50  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。