Redmineからの通知メールを減らす

2013-05-06 16:30  •  分類: ,

Redmineはチケットの作成や更新などをメールで通知する機能がありますが、活発なプロジェクトやメンバーが多いプロジェクトでは届くメールが多すぎると感じることもあります。このようなときには、Redmineから送信されるメールの数を抑制する設定を検討してください。

自分が行った更新は通知しないようにする

「個人設定」画面を開き「メール通知」グループボックス内の「自分自身による変更の通知は不要」をOFFにすると、自分がチケットを追加したり更新したりしたことの通知は自分宛にはメール送信されなくなります。

自分がチケットを作成したり更新したことをその直後に自分宛に通知してもらう必要性は低いので、この機能はOFFにしても支障がないことが多いと思われます。

注記が未記入のチケット更新は通知しないようにする

チケットの更新のうち、ステータスや担当者の変更のみなど、注記の追加を伴わない更新をメール通知の対象外とすることができます。この設定を行うとRedmineから発信されるメール通知の量をかなり減らすことができます。

ただし、注記が入力されていない限り、チケットの担当者が自分に設定されたことも通知されません。メンバーがチケットを割り当てられたことに気づかずにチケットが放置されることがないよう、担当者の変更は必ず注記を一言記入するなどの運用を検討した方がよいかもしれません。

設定方法

以下の設定を行うことで、チケット更新のうち、注記の追加のみをメール通知の対象とすることができます。

  1. 「管理」画面の「メール通知」タブを開く
  2. チェックボックス「チケットが更新されました」をOFFにする
  3. チェックボックス「注記が追加されました」をONにする

関連情報

作成: 2013-05-06 16:30  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。