【毎月更新】リリース前の新機能を先行チェック!活動画面のデザイン改善など(2020年7月コミット分)

2020-08-21 10:30  •  分類: ,  •  石原佑季子

Redmine公式サイトでコミット済みの未リリースの新機能を毎月紹介します。より便利になるRedmineの機能を一足先にチェックしましょう。

今月は2020年7月にコミットされたチケットの中から2つ紹介します。

プロジェクトセレクタでツリー構造を維持して表示

画面右上のプロジェクトセレクタには自分がアクセスできるプロジェクトの一覧が表示されます。親や子がいるプロジェクトが「ブックマーク」や「最近使用したもの」に表示されている場合、親子をあらわすツリー構造が維持されずに表示されていました。

Redmine 4.2では「他のプロジェクト」から「全プロジェクト」に変更され、ツリー構造を維持したまま表示します。

修正前(Redmine 4.1) 修正後(Redmine 4.2)
ツリー構造が崩れて親子関係がわからない ツリー構造が維持されて親子関係がわかる

活動画面のデザイン改善

活動画面のデザインが改善(日付に背景色、履歴の間に線が追加)され、日付の境目などが分かりやすくなります。

改善前(Redmine 4.1)

改善後(Redmine 4.2)


日付の背景、更新と更新の間に線が追加されている

Redmineの新機能を先行して利用できる「RedMica」

本記事で紹介した機能は、2020年11月リリース予定のRedMica 1.2で利用できます。RedMicaは、Redmineの次期バージョンの新機能を先行して利用できるオープンソースソフトウェアです。

RedMicaの詳細は、今日使える明日のRedmine「RedMica 1.0.0」リリースの記事で、ソフトウェアの特長などをご覧頂けます。

バックナンバー

この連載は毎月下旬に掲載します。「Redmine News」に登録いただくと新着記事をメールでお知らせします。
最新情報お知らせメール「Redmine News」 (Redmine.JP)


作成: 2020-08-21 10:30  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。