CentOS 5.7にRMagickをインストール

2012-01-11 15:00  •  分類:

本手順はRuby 1.8.7で確認しました。Ruby 1.9では確認していません。

Redmineでガントチャートを画像として保存をしたり、WikiをPDFとしてエクスポートする際に添付されている画像も一緒に含めるためにはRMagickがシステムにインストールされていなければなりません。

本記事ではCentOS 5.7にRMagickをインストールする手順を説明します。

CentOS 5.7はパッケージに含まれるImageMagickのパージョンが古いためRMagickの最新版はインストールできませんのでRMagick 1.15.7をインストールします。

[参考] Redmine 1.3新機能紹介: PDFエクスポート機能の改善

ImageMagickのインストール

ImageMagickとは画像処理のためのライブラリです。RedmineではRMagickを介してImageMagickを使用します。

yum install ImageMagick ImageMagick-devel

msttcorefontsのインストール

RMagickで使用されるフォントのインストールをします。msttcorefontsが正しくインストールされていなければRMagick 1.15.17をインストールすることができません。

msttcorefontsとは

マイクロソフトが配布しているTrueTypeフォントをLinuxにインストールするためのツールです。

msttcorefontsパッケージ作成のためのツールのインストール

yum install rpm-build wget ttmkfdir
rpm -ivh http://www.cabextract.org.uk/cabextract-1.4-1.i386.rpm

msttcorefontsパッケージの作成およびインストール

wget  http://corefonts.sourceforge.net/msttcorefonts-2.5-1.spec
rpmbuild -bb msttcorefonts-2.5-1.spec
rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/noarch/msttcorefonts-2.5-1.noarch.rpm

RMagickからフォントファイルを参照できるようシンボリックリンクを作成

これまでの手順でTrueTypeフォントがインストールされました。しかしRMagickはインストールの際に現在TureTypeフォントがインストールされているディレクトリとは異なるディレクトリを参照します。このままではエラーが発生しますのでシンボリックリンクを作成してこの問題を回避します。

mkdir -p /usr/share/fonts/default/TrueType
cd /usr/share/fonts/default/TrueType
find /usr/share/fonts/msttcorefonts -exec ln -s {} \;

RMagickのインストール

最新版のRMagickはCentOS 5.7のyumコマンドでインストールされるImageMagickに対応していませんので対応しているバージョンを指定してインストールします。

gem install rmagick -v=1.15.17 --no-rdoc --no-ri

RedmineでRMagickが利用できることを確認

Redmineの管理者ユーザは管理画面でRMagickが有効になったか確認することができます。

左上の「管理」をクリックして管理メニュー一覧から「情報」をクリックすることで確認できます。

作成: 2012-01-11 15:00  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。