2016年5月のRedmine開発状況

2016-06-04 19:00  •  分類:

Redmine本体の開発について、2016年5月中の主な動きをピックアップして紹介します。

概況

Redmine 3.2.2 と 3.1.5 が5月5日(中央ヨーロッパ時間)にリリースされました。これらはmaintenance releaseであり、原則として不具合修正のみが含まれます。

現在は新機能追加を伴う次期feature releaseとなるRedmine 3.3.0の開発と、原則として修正のみが行われるmaintenance releaseとなるRedmine 3.2.3と3.1.6の開発が進められています。5月の1ヶ月間で25件のチケットがクローズされました。

6月4日 19時の時点のロードマップ画面のチケットの状況は以下の通りです。各バージョンのチケットがすべてクローズされていて、Subversionリポジトリには 3.3-stable ブランチが作成されました。間もなくリリースされそうな状況です。

バージョン 全チケット数 未完了チケット数
3.3.0 93 0
3.2.3 5 0
3.1.6 3 0

機能追加・修正

リポジトリにコミットされた機能追加・修正のうちメリットや影響が比較的大きそうなものを紹介します。今回紹介するものはすべてRedmine 3.3.0のリリースに含まれることが確定しています。

Issues Filter

Feature #4806: 複数のチケット番号を指定したフィルタ

チケットのフィルタに新たなフィルタ「チケット」が追加されます。チケット番号を指定した絞り込みが行えます。複数のチケット番号をコンマで区切って指定することもできます。

この機能はメールやチャットで複数のチケットを示すときに便利です。特定のチケットを示すためにチケットのURLを貼り付けることがありますが、複数のチケットを示したいときはこれまではチケットの数だけURLを貼り付ける必要がありました。この機能を使って対象のチケットを指定してフィルタを適用すれば、一つのURLで複数チケットをまとめて示すことができます。

チケット一覧のコンテキストメニューには新たな項目「フィルタ」が追加されます。チケットを選択した状態で右クリックして「フィルタ」を選択すると、複数のチケットが選択されたフィルタを簡単に作れます。

REST API

Feature #14830: APIでWikiページへ添付ファイル追加

これまでAPI経由では利用できなかったWikiページへのファイル添付機能が、Redmine 3.3.0から利用できるようになります。

Security

Feature #21421: セキュリティ上重要なイベントをメール通知

パスワードやメールアドレスの変更などセキュリティ上重要なイベントが該当ユーザーにメールで通知されるようになります。また、アプリケーションの設定が変更されるとシステム管理者権限を持つユーザーに変更された項目が通知されます。

通知のサンプル:

パスワードが更新されました。

http://redmine.example.jp/my/password

ユーザー: maeda
IPアドレス: 192.0.2.1
日付: 2016/06/04 16:30:00

UI

Feature #6204: プロジェクトメニューの項目「新しいチケット」の表示・非表示の切り替え

前月の記事でも案内しましたが、プロジェクトメニューの「新しいチケット」はUIの整合性の観点から4月20日の r15344 のコミットで削除され、代わりにチケットを追加するためのボタンが「チケット」画面に追加されました。

しかし、この変更は賛否両論あり「新しいチケット」タブの必要性を訴える声も多かったため、5月10日の r15407 のコミットで復活しました。管理画面に追加された設定「"新しいチケット" タブを表示」をONにすることで、これまでのバージョンと同様に「新しいチケット」タブを表示させることができます。

Patch #19468: jQuery UIのデートピッカーの代わりにブラウザ提供のデートピッカーを使用

チケットの開始日・期日など日付を扱うフィールドでカレンダーから日付を入力するデートピッカーは、これまではjQuery UIによるものが表示されていました。Redmine 3.3.0ではChromeやiOS Safariなど input[type="date"] に対応したブラウザではjQuery UIのものではなくブラウザが提供するデートピッカーが表示されるようになります。

特にスマートフォンからアクセスしているときの操作性向上が期待できます。

Chrome (input[type="date"]対応) でブラウザ提供のデートピッカーを表示した状態:

Firefox (input[type="date"]非対応) で従前のデートピッカーを表示した状態:

Patch #22756: ロードマップ画面にバージョン編集画面へのリンクを追加

ロードマップ画面にバージョン編集画面へのリンクが追加されます。バージョン名の右側の鉛筆アイコンをクリックすると編集画面に遷移するようになります。

これまでバージョンを編集するには、ロードマップ画面でバージョンをクリックしてバージョンを表示させた後に「編集」をクリックするか、プロジェクトメニューの「設定」→「バージョン」タブを開く必要がありました。やや手順が煩雑だったのが改善されます。

注目のチケット

今後のリリースに含まれるかどうかまだ未確定ですが、最近動きがあったチケットの中で筆者が注目しているものを紹介します。

Wiki

WikiページをODT形式でエクスポート

Wikiページをワープロソフト向けにODT形式でエクスポートできるようにするパッチです。ODT形式は主にOpenOffice/LibreOfficeで使われている文書形式ですが、ISO/IEC 26300として規格化されていて、Microsoft Wordや一太郎でも読み書きできます。

現行バージョンのRedmineではWikiページをPDFまたはHTML形式でエクスポートすることができますが、これにODT形式が加われば、後で編集することが前提のひな型をWikiで管理したり、Wikiの内容をワープロソフトで加筆修正してマニュアルを作ったりできるようになります。

作成: 2016-06-04 19:00  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。