ロードマップ画面に表示される進捗率の算出方法

2010-10-06 08:40  •  分類: ,

Redmineのロードマップ画面で表示されるバージョンの進捗率は、バージョンに関連づけられたチケットのステータス、予定工数、進捗率をもとに計算されます。単純に未完了・完了のチケットの数から求めた値ではなく、各チケットの作業ボリュームの違いが反映された値です。

二つの進捗率

ロードマップ画面の各バージョンでは横長のバーで進捗率が表現されていますが、そこには薄い緑色と濃い緑色で二つの情報が表現されています。

薄い緑色のバーはそのバージョンに関連づけられたすべてのチケットから計算された進捗率、そして濃い緑色のバーは終了したチケット(ステータスが「終了」または「却下」のチケット)のみから計算された進捗率を表しています。別の言い方をすると、薄い緑色は仕掛かり中のタスクも含めた進捗率、濃い緑色は完了したタスクのみから求めた進捗率です。

進捗率の計算方法

ロードマップ画面に表示される進捗率は、それぞれのチケットを各チケットに設定された「予定工数」により重み付けして求められます。

例えばバージョンに関連づけられているチケットが予定工数30時間のチケットAと予定工数10時間のチケットBの2個であった場合の進捗率は次のようになります。

バージョンに関連づけられたチケットの状態と進捗率の例:

  チケットA チケットB 進捗率(濃い緑) 進捗率(薄い緑)
1 終了 進捗0% 75% 75%
2 終了 進捗40% 75% 85%
3 終了 進捗80% 75% 95%
4 進捗0% 終了 25% 25%
5 進捗40% 終了 25% 55%
6 進捗80% 終了 25% 85%
1 (30時間 × 100% + 10時間 × 0%) / (30時間 + 15時間) = 75%
2 (30時間 × 100% + 10時間 × 40%) / (30時間 + 15時間) = 85%
3 (30時間 × 100% + 10時間 × 80%) / (30時間 + 15時間) = 95%
4 (30時間 × 0% + 10時間 × 100%) / (30時間 + 15時間) = 25%
5 (30時間 × 40% + 10時間 × 100%) / (30時間 + 15時間) = 55%
6 (30時間 × 80% + 10時間 × 100%) / (30時間 + 15時間) = 85%

バージョンの進捗率を計算する際のルール

予定工数

  • 各チケットの進捗率、予定工数を使用する。
  • 予定工数がセットされていない場合、同一バージョンの他のチケットの予定工数の平均値を使用する。
  • 予定工数がセットされているチケットがない場合は平均値も利用できないので、バージョン内のすべてのチケットは予定工数が1.0であると見なす。

進捗率

  • 終了したチケットの進捗率は100%とみなす。

関連情報

作成: 2010-10-06 08:40  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。