Redmine 1.1のCHANGELOG (新機能のみ・日本語訳付き)

2011-01-11 01:29  •  分類:

RedmineのCHANGELOGの1.1関係部分のうち、新機能に関する記述(Feature)の日本語訳です。チケット番号はRedmineオフィシャルサイト上のチケットにリンクしています。

  • Feature #630: 重複したプロジェクト名の付与を許可 (Allow non-unique names for projects)
  • Feature #1738: プロジェクトおよびユーザーのカスタムフィールドの表示・非表示の設定 (Add a “Visible” flag to project/user custom fields)
  • Feature #2803: テーマでのJavascriptサポート。テーマディレクトリ内にjavascripts/theme.jsが存在すればRedmineの全ページで読み込まれる。 (Support for Javascript in Themes)
  • Feature #2852: 受信メールから「メール本文から一致する行以降を切り取る」で設定された値を検索する際に引用記号(>)を無視 (Clean Incoming Email of quoted text “----- Reply above this line ------”)
  • Feature #2995: 書庫に保存されたプロジェクトにアクセスしようとした際のエラーメッセージを改善 (Improve error message when trying to access an archived project)
  • Feature #3170: 「関連するチケット」を設定する際にチケットの題名の一部を入力するとオートコンプリートが可能 (Autocomplete issue relations on subject)
  • Feature #3503: 管理者がユーザーのメール通知の設定を変更可能 (Administrator Be Able To Modify Email settings Of Users)
  • Feature #4155: コミットメッセージによる作業時間の記録 (Automatic spent time logging from commit messages)
  • Feature #5136: Wikiの名前変更画面で親ページをリストボックスで選択 (Parent select on Wiki rename page)
  • Feature #5338: REST APIで子チケットの情報を取得 (Descendants (subtasks) should be available via REST API)
  • Feature #5494: Wikiの{{toc}}マクロで表示される目次に第4レベルの見出しまで表示 (Wiki TOC should display heading from level 4)
  • Feature #5594: メールによるチケット登録におけるキーワードの取扱の改善 (Improve MailHandler’s keyword handling)
  • Feature #5622: メールによるチケット登録でバージョン(fixed version)、予定工数(estimated hours)、進捗率(done ratio)の登録に対応 (Allow version to be set via incoming email)
  • Feature #5712: Redmineを再起動しなくても追加したテーマを利用できるよう改善 (Reload themes)
  • Feature #5869: チケット一覧画面のフィルタに「担当者のグループ」と「担当者のロール」を追加 (Issue filters by Group and Role)
  • Feature #6092: 活動画面とAtomフィードでGitのリビジョンラベルを短く表示するよう変更 (Truncate Git revision labels in Activity page/feed and allow configurable length)
  • Feature #6112: メールによるチケット登録で英語以外のキーワードも使用できるよう改善 (Accept localized keywords when receiving emails)
  • Feature #6140: REST APIでチケットを取得時、取得チケット数とオフセットを指定可能。またレスポンスにチケット数を追加 (REST issues response with issue count limit and offset)
  • Feature #6260: REST APIがユーザーに対応 (REST API for Users)
  • Feature #6276: ガントチャートの改善 (Gantt Chart rewrite)
  • Feature #6446: プロジェクト識別子・プロジェクト名の最大長を100文字に引き上げ (Remove length limits on project identifier and name)
  • Feature #6628: メール通知でヘッダを設定する機能を追加 (Improvements in truncate email)
  • Feature #6779: プロジェクトの一覧をJSONで出力(/projects.json) (Project JSON API)
  • Feature #6823: REST APIが作業時間に対応 (REST API for time tracker.)
  • Feature #7072: REST APIがニュースに対応 (REST API for news)
  • Feature #7111: チケットのREST APIで注記の作成日の出力を追加 (Expose more detail on journal entries)
  • Feature #7141: REST APIで現在のユーザーの情報を取得 (REST API: get information about current user)
作成: 2011-01-11 01:29  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。