Redmine 1.0 新機能紹介: チケットの親子関係

2010-07-19 06:59  •  分類: ,

Redmine 1.0からチケットを親子の関係にすることができるようになりました。あるチケットに記述された大きなタスクを複数の子チケットに細分化して管理することができるようになります。

親子関係にしたチケットの例

三つの子チケットを持つチケット:

親チケットを持つチケット:
チケットの題名の上に親チケットの番号と題名が表示される。

親子関係の設定

新しいチケットを既存チケットの子チケットとして作成する

親チケットとするチケットを表示した状態で「子チケット」欄内の「追加」をクリックしてください。親チケットの番号が入力された状態で「新しいチケット」画面が開きます。必要事項を入力して登録をすると子チケットとして追加されます。

親チケットの番号が入力された「新しいチケット」画面:

既存チケットを別の既存チケットの子チケットにする

チケットの更新画面で親チケットの番号を入力してください。ただし、項目「親チケット」は通常の更新画面には表示されていません。「プロパティの変更」欄の「続き」をクリックすると表示されます。

親チケット欄が表示されていない状態。「続き」をクリックする:

親チケット欄が表示された状態:

作成: 2010-07-19 06:59  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。