Redmine 1.0 新機能紹介: シンタックスハイライト機能の充実

2010-07-19 06:58  •  分類:

リポジトリ画面やWikiではソースコードの予約語やリテラルなどを強調表示するシンタックスハイライト機能が利用できます。Redmine 1.0では、シンタックスハイライトに使用しているライブラリ「CodeRay」のバージョンが0.7.6から0.9.2に更新されたことにより、対応する形式が大幅に増えました。

新たに対応したファイル形式にはPython、PHP、CSSなど利用頻度が高いものも含まれており、Redmineの利便性がより高まります。

Redmine 0.9が対応している形式:
C, Delphi, HTML, Java, Javascript, Nitro XHTML, RHTML, Ruby, Scheme, XML

Redmine 1.0で新たに対応した形式:
C++, CSS, diff, Groovy, JSON, PHP, Python, SQL, YAML

リポジトリ画面でのシンタックスハイライト:
図はPythonのソースコードでシンタックスハイライトが行われている例。

作成: 2010-07-19 06:58  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。