小技(0.9): 非同期メール送信を設定してチケット登録を高速化

2010-02-14 19:02  •  分類: , ,

Redmine 0.9では、チケットの登録や更新時にメールを送信する処理を非同期に行わせることができます。これにより、チケットの登録・更新のレスポンスタイムを短くできます。

設定方法

config/email.ymldelivery_method で、これまで :smtp と記述していた箇所を :async_smtp に変更します。

production:
  delivery_method: :async_smtp
  smtp_settings:
    address: localhost
    port: 25
    domain: host.example.jp

同期送信と非同期送信の違い

同期送信: 各処理を逐次的に実行。メール送信が完了するまで次画面表示のための処理が開始されません。

非同期送信: メール送信と並行して次画面表示のための処理を実行。メールの送信完了を待たずに次画面表示の処理が開始されるため、レスポンスタイムが短くなります。

作成: 2010-02-14 19:02  •  分類: , ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。