題名入力中に誤ってEnterキーを押したときにチケットが作成されるのを防ぐ

2015-09-01 22:40  •  分類: ,

Redmineのチケット作成画面では、題名欄などでEnterキーを押すと「作成」ボタンをクリックとみなされてチケットが作成されます。しかし、かな漢字変換の確定操作中にEnterキーを誤って余計に押すなどして意図せず書きかけのチケットが作成されてしまうことがあります。

ワークフロー機能を使って説明欄の入力を必須にすると説明欄が未入力の状態ではチケットが作成できなくなるので、Enterキーの誤操作によるチケット作成をある程度は防ぐことができます。

設定手順

  1. 「管理」→「設定」→「ワークフロー」画面の「フィールドに対する権限」タブを開く
  2. 「ロール」「トラッカー」ともに「すべて」を選択し「編集」をクリック
  3. 「説明」をすべてのステータスについて「必須」に設定して「保存」をクリック

関連情報

作成: 2015-09-01 22:40  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。