Redmine 2.1新機能紹介: チケットの標準フィールドの無効化

2012-09-17 17:32  •  分類: ,

Redmine 2.1より、「進捗%」、「カテゴリ」、「予定工数」などのチケットの標準フィールドを表示しない設定ができるようになりました。利用しないフィールドを画面に表示されないようにすることで操作性を向上させたり、利用者が混乱するのを防いだりできます。

設定方法

設定はトラッカーごとに行います。「管理」→「トラッカー」画面で対象のトラッカーの編集画面を開き、「標準フィールド」欄で使用しないフィールドのチェックボックスをOFFにしてください。

以下の画面例では、トラッカー「バグ」において「カテゴリ」「予定工数」「進捗%」を無効に設定しています。この設定を行うことでチケットの表示画面や入力画面ではこれら三つの項目が表示されなくなります。

関連情報

作成: 2012-09-17 17:32  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。