Redmine 1.2新機能紹介: ユーザとバージョンを参照するカスタムフィールド

2011-05-23 23:31  •  分類: ,

新しいカスタムフィールドの書式として「ユーザ」と「バージョン」が追加されました。これらの書式を使うと、プロジェクトのメンバーとして登録されているユーザとプロジェクトに登録されているバージョンを参照するカスタムフィールドを定義できます。

利用例

トラッカー「バグ」のチケットに書式「バージョン」のカスタムフィールドを追加、そのバグが発生するのがどのバージョンか明示(www.redmine.orgの"Affected Version"と同じ使い方)

関連情報

作成: 2011-05-23 23:31  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。