Redmineヘッドライン 月刊まとめ(2020年11月)

2020-12-01 16:30  •  分類:  • 

オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアRedmineに関する最近のトピック(新機能、テーマ、プラグイン、運用方法、使い方、サービスなど)をピックアップし紹介します。(2020年11月の話題をまとめ)

今日使える明日のRedmine「RedMica 1.2.0」リリース (blog.redmine.jp)

Redmine互換のプロジェクト管理ソフトウェア「RedMica 1.2.0」リリース。Redmineの次期バージョン4.2.0に含まれる予定の新機能のうち、二要素認証などが先行して利用可能です。

今日使える明日のRedmine「RedMica 1.2.0」リリース

2020年11月18日(日本時間)、RedMica 1.2.0 がリリースされました。RedMicaはファーエンドテクノロジー株式会社がクラウドサービス「 My Redmine 」のサービス提供用に開発しているRedmine互換のオープンソースソフトウェアで、Redmineの次期バージョンの新機能を先行して利用できるのが特長です。

プラグイン

Redmine: View customize plugin の v2.8.0 をリリースしました (blog.enjoyxstudy.com)

Redmineの画面に任意のCSSとJavaScriptを注入してカスタマイズが行えるView Customizeプラグインの v2.7.0 リリース。スクリプトの挿入位置として “Bottom of all pages” が選択できるようになりました。

RedThunderMineBird Plus - Redmine連携+2.1.1 Thunderbird向けアドオン (addons.thunderbird.net)

Thunderbirdの受信メッセージ・返信メッセージからRedmineに新しいチケットを作ることができるThunderbird用プラグインです。

その他

新型コロナウイルス感染者情報(非公式) (cov19jp.info)

新型コロナウイルスの感染者の情報をRedmine(RedMica)で整理する試み。現在は山梨県の情報のみ対応しています。感染者ごとにチケットを作成して、症状・経過、行動歴、濃厚接触者などを整理。

チケット一覧画面&ガントチャート画面を2ペイン化 (github.com)

Redmineのチケット一覧画面に「2-Pane Mode」を追加する、View Customizeプラグイン用のカスタマイズコード。モードを有効にすると画面が上下に分割され、チケット一覧と個別のチケットの詳細画面を同時に見ることができます。

Redmine を Azure AD で SAML SSO してみた (qiita.com)

redmine_omniauth_saml プラグインを使って、RedmineでAzure ADによるシングルサインオンを実現するための設定手順です。

Redmine Advent Calendar 2020 (adventar.org)

2020年のRedmine アドベントカレンダーです。

Redmineのクラウドサービス

RedMica 1.2 バージョンアップのお知らせ(My Redmine)

RedMica 1.2 のリリースに伴い、Redmineのクラウドサービス My Redmine で提供しているソフトウェアをRedMica(ファーエンドテクノロジー版Redmine) 1.1 から 1.2 へバージョンアップいたします。

[PR] Redmineのクラウドサービス一覧

Redmineをクラウドで利用できるサービスの一覧です。在宅勤務などのテレワークでもプロジェクト管理ができます。自社運用のRedmineも、クラウドにそのまま移行することができます。

Redmineヘッドラインのご案内

Redmineに関する2020年11月の話題を「Redmineヘッドライン」からピックアップして紹介しました。

RedmineヘッドラインではRedmine関連の情報を随時更新しています。ここではご紹介できなかった情報も掲載されていますので、どうぞご覧ください。

作成: 2020-12-01 16:30  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。