Redmine 4.0.0のCHANGELOG 日本語訳

2018-12-27 01:01  •  分類: ,  •  前田剛

Redmine 4.0.0のCHANGELOGの日本語訳です。修正内容・新機能の一覧を確認できます。

  • チケット番号はRedmineオフィシャルサイト上のチケットにリンクしています。

Accounts / authentication

  • Feature #28561: Add note about link validity to password lost email
    パスワード再発行のメールに、再発行用リンクは1回限り有効であることを明記
  • Patch #5957: Export users list to CSV
    ユーザー一覧のCSVエクスポート
  • Patch #29781: Prevent users from getting stuck with an expired password recovery token in their session
    パスワード再発行時、無効なトークンがクリアされずログインページにリダイレクトされ続ける場合がある

Administration

  • Defect #28920: Redmine::VERSION::revision should take subversion_command setting into account
    Redmine::VERSION::revision の取得時、 subversion_command の設定が効いていない
  • Feature #29993: Option to unarchive the project when admins visit an archived project
    システム管理者がアーカイブされたプロジェクトにアクセスした場合はアーカイブ解除リンクを表示
  • Patch #26341: Add useful details to error message when a template is missing
    ActionView::MissingTemplate例外を補足した場合のログを詳細化

Attachments

  • Feature #16410: Bulk delete wiki attachments
    Wikiの添付ファイルの一括削除
  • Feature #27822: Remove filename from attachment preview links
    添付ファイルのプレビュー画面のURLをファイル名を含まないものに変更
  • Feature #28616: Handle image orientation of attachments and thumbnails
    画像とサムネイルを表示するときexifのorientation情報を参照
  • Patch #27336: Render previews for audio and video files
    添付ファイルのプレビュー画面でオーディオとビデオファイルの再生
  • Patch #28295: Show name changes in diff preview
    パッチファイルのプレビュー時にファイル名変更の情報も表示
  • Patch #29190: Add link to container on attachment preview
    添付ファイルのプレビュー画面に添付元のオブジェクトに戻るリンクを追加
  • Patch #29395: Pagination between repository entries and attachments of the same container
    リポジトリの同一階層内または同じオブジェクトに添付されている複数ファイル間のページネーションを表示

Calendar

  • Feature #28067: Add context menu for issues in calendar
    カレンダーにコンテキストメニューを追加

Code cleanup/refactoring

  • Defect #28268: Fix typo in test name: s/udpate/update/
    テスト名の誤字修正: udpate → update
  • Defect #28931: Unreachable code in QueriesControllerTest#test_bulk_copy_to_another_project
    QueriesControllerTest#test_bulk_copy_to_another_project 内の実行されないコードを削除
  • Defect #29215: Fixture is missing for IssuesTest#test_create_issue_with_new_target_version
    IssuesTest#test_create_issue_with_new_target_version でフィクスチャの指定が不足している
  • Defect #29708: Wrong use of refute_includes in tests
    refute_includes の使用方法が誤っている
  • Defect #29820: Missing fixture enabled_modules in TrackerTest
    TrackerTest でフィクスチャが不足している
  • Defect #29883: AttachmentsVisibilityTest and Redmine::AttachmentFieldFormatTest fail randomly due to uninitialized User.current
    User.current の初期化が行われていないため AttachmentsVisibilityTest と Redmine::AttachmentFieldFormatTest が不規則に失敗する
  • Defect #29912: Missing closing tag in app/views/roles/_form.html.erb
    app/views/roles/_form.html.erb 内で閉じられていない p タグがある
  • Defect #29990: Add missing fixtures for test_create_should_send_notification
    test_create_should_send_notification でフィクスチャが不足している
  • Defect #30054: Add missing fixtures for test_create_with_one_attachment
    test_create_with_one_attachment でフィクスチャが不足している
  • Defect #30120: Add missing fixture for reports_controller_test
    reports_controller_test でフィクスチャが不足している
  • Patch #26130: Refactor "multiple_values_detail" struct creation
    "multiple_values_detail" 構造体作成のリファクタリング
  • Patch #26323: Remove ActiveRecord workaround (fixed in Rails 5)
    Rails 5で修正済みのActiveRecordのバグ回避のためのコードを削除
  • Patch #27670: Fix typo in configuration.yml.example
    configuration.yml.example 内のtypo修正
  • Patch #28024: Fix typo in error message in mailer.rb
    mailer.rbのエラーメッセージ内のtypo修正
  • Patch #28028: Remove unused method Mailer#mylogger
    使用されていないメソッド Mailer#mylogger を削除
  • Patch #28229: Remove unused i18n key "setting_app_subtitle"
    使用されていないi18nキー setting_app_subtitle を削除
  • Patch #28478: Update the app name in extra/sample_plugin/init.rb: s/RedMine/Redmine/
    extra/sample_plugin/init.rb 内の RedMine という旧表記を Redmine に修正
  • Patch #28605: Add the missing icon class to the items with icons from the contextual menu
    コンテキストメニュー内のアイコンにCSSクラス icon を追加
  • Patch #28611: Remove unused i18n strings from locale files
    複数の使用されていないi18nキーを削除
  • Patch #29160: Remove unused and broken method CustomField.visibility_condition
    使用されておらずかつ動作しないメソッド CustomField.visibility_condition を削除
  • Patch #29440: Fix typo in test name: s/highligth/highlight/
    テスト内のtypoを修正: highligth→highlight
  • Patch #29632: Redmine::SortCriteria#normalize! does not limit properly the number of elements
    Redmine::SortCriteria#normalize! メソッドで上限を超えた数のソート条件を削除する処理が意図通りに動作していない
  • Patch #29710: Remove unused variable 'filter_options' from Query#add_filter
    Query#add_filter 内の使用されていない変数 filter_options を削除

Custom fields

  • Defect #25726: Issue details page shows default values for custom fields that aren't actually set
    実際にはカスタムフィールドにデフォルト値がセットされていないのにチケット表示画面ではデフォルト値が表示される
  • Patch #27024: Links on custom field values don't have "external" class
    カスタムフィールドの値へのリンクにCSSクラス external を追加
  • Patch #29161: Avoid SQL errors when adding a project custom field as a time report criteria
    作業時間のレポートでプロジェクトのカスタムフィールドを使用したときにSQLエラーが発生する
  • Patch #29189: Display custom fields on group pages
    グループの表示画面にカスタムフィールドを表示

Documentation

  • Patch #28943: Remove RDoc tags
    RDocのタグを削除
  • Patch #28996: Update Redmine::Plugin documentation
    Yardで生成される Redmine::Plugin のドキュメントを改善

Email notifications

  • Defect #5703: On SMTP failure, an internal error occurs and all changes to an issue are lost
    通知メール送信時にSMTPエラーが発生するとチケットが保存されず記入した内容が失われる
  • Defect #8157: Redmine do not send notification emails if a recipients email address is not valid
    通知メールの送信先に無効なアドレスが含まれるとすべての宛先への送信が失敗する
  • Feature #26791: Send individual notification mails per mail recipient
    通知メールを宛先1件ごとに非同期送信
  • Feature #29771: Sort issues by due date in email reminders
    リマインダ内のチケットの並び順を期日でソート
  • Feature #30068: Remove :async_smtp and :async_sendmail delivery methods
    通知メールのdelivery methodsのうち :async_smtp と :async_sendmail を廃止。#26791によりデフォルトで非同期送信が行われるようになったため

Email receiving

  • Defect #27810: Typo in rdm-mailhandler.rb: s/Proccessed/Processed/
    rdm-mailhandler.rb 内のtypo修正(Proccessed → Processed)
  • Defect #27812: Typo in rdm-mailhandler.rb: s/subadress/subaddress/
    rdm-mailhandler.rb 内のtypo修正(subadress → subaddress)
  • Defect #29442: Vendor-defined characters in ISO-2022-JP email subject break issue's subject
    メールによるチケット登録でSubjectにISO-2022-JPのベンダ拡張文字が含まれているとチケットの題名全体が文字化けする
  • Feature #27070: Allow setting "Parent issue" attribute in emails
    メールによるチケット登録が親チケットの指定に対応
  • Patch #27025: Regex support for excluded mail attachments
    「管理」→「設定」→「受信メール」→「除外する添付ファイル名」の設定が正規表現に対応
  • Patch #28026: "project_from_subbaddress" option is not listed in the help of "rake redmine:email:receive_imap"
    "rake redmine:email:receive_imap" のヘルプに project_from_subbaddress オプションが含まれていない
  • Patch #29614: redmine:email:read and rdm-mailhandler.rb should use safe_receive instead of receive
    redmine:email:read および rdm-mailhandler.rb で不正なメールを処理した場合の例外が捕捉されず処理が異常終了する場合がある
  • Patch #29669: "no_notification" option is not listed in the description of email.rake
    email.rake のヘルプに no_notification オプションが含まれていない

Gantt

  • Defect #13521: Gantt bars with start date and end date on the same day don't become red by overdue
    チケットの開始日と期日が同一の場合、期日が超過してもガントチャートのバーが赤くならない
  • Feature #10485: Add new context menu in Gantt view for each issue
    ガントチャートのバーにコンテキストメニューを追加
  • Feature #20481: Gantt: right and left resizable panel
    マウスドラッグによるガントチャートの題名欄のサイズ変更
  • Patch #26671: Use the new pagination style in gantt
    新しいスタイルのページネーションボタンをガントチャートに適用
  • Patch #26869: Use number input field instead of text input for Gantt months field
    ガントチャートの月数の入力欄にnumber形式の入力フィールドを使用
  • Patch #28602: Move edit and delete buttons for queries to the buttons section
    ガントチャート画面のクエリ編集・削除ボタンを右上からフィルタの下に移動

Gems support

  • Defect #26067: Selenium::WebDriver doesn't work with current version of Firefox
    Selenium::WebDriver のバージョンが古く現行バージョンのFirefoxで動作しない
  • Feature #29443: Update mail gem (~> 2.7.1)
    mail gem の更新 (~> 2.7.1)
  • Feature #29947: Update roadie gem to 3.4.0
    roadie gem を 3.4.0 に更新
  • Patch #26322: Update simplecov gem (~> 0.14.1)
    simplecov gem の更新 (~> 0.14.1)
  • Patch #26503: Update nokogiri gem (~> 1.8.0)
    nokogiri gem の更新 (~> 1.8.0)
  • Patch #28504: Update mysql2 gem to 0.5.0
    mysql2 gem を 0.5.0 に更新。MySQL 5.1以前のサポート終了
  • Patch #28505: Update pg gem to 1.0
    pg gem を 1.0 に更新。PostgreSQL 9.1以前のサポート終了
  • Patch #28929: Update roadie-rails to ~> 1.3.0
    roadie-rails を 1.3.0 に更新
  • Patch #29999: Update rdoc gem
    rdoc gem の最新版を使用

Hook requests

  • Patch #28895: view_projects_copy_only_items hook
    ビューフック view_projects_copy_only_items を追加

I18n

  • Feature #26618: Support of default ActiveRecord I18n scopes in LabelledFormBuilder
    LabelledFormBuilder でActiveRecordのI18nスコープに対応

Issues

  • Defect #14846: Calculation of the start date of following issues ignores the "non-working days" setting
    後続するチケットの開始日を計算する際に休業日の設定が考慮されない
  • Defect #27848: The progress exceeding 99.5% is displayed as 100%
    親チケットの進捗率を子チケットから算出しているとき、99.5%以上100%未満の進捗率が四捨五入されて100%と表示される
  • Defect #28264: Global and public custom queries are shown as editable to non administrators in projects
    全プロジェクト向けの公開カスタムクエリはシステム管理者しか編集できないのにも関わらず実際にはそれ以外のユーザーにも編集ボタンが表示される場合がある
  • Defect #28951: Cannot clear category field on copying an Issue
    チケットをコピーするときにカテゴリを空にできない
  • Defect #29701: Custom queries are broken by updating with nil parameter values
    チケット画面で作成したカスタムクエリをガントチャート画面で編集するとそのカスタムクエリのさまざまな設定が破壊される
  • Feature #2529: Extend Issue Summary to include subprojects
    チケットのサマリの集計値にサブプロジェクトも含むよう変更(管理→設定→チケットトラッキング の「サブプロジェクトのチケットをメインプロジェクトに表示する」がONの場合)
  • Feature #12704: Allow selecting subprojects on new issue form
    チケット作成画面でサブプロジェクトへの切り替えに対応
  • Feature #15919: Set default category assignee immediately upon category selection
    カテゴリを選択した際に担当者欄にデフォルト担当者を動的に設定
  • Feature #23518: Move action links and edit form above the history when displaying comments in reverse order
    コメントの表示順が新しい順のときチケット編集フォームを履歴の上に表示
  • Feature #26192: Option to disable automatic closing of duplicate issues
    重複しているチケットの自動クローズの有効/無効を選択する新たな設定「重複しているチケットを連動して終了」
  • Feature #26279: Allow switching the encoding to UTF-8 when exporting to CSV
    チケット一覧をCSV形式エクスポートでデフォルトエンコーディングに加えてUTF-8を選択可能
  • Patch #27772: Issues reports should show only statuses used by the project
    チケットのサマリでそのプロジェクトで使われているステータスのみを表示
  • Patch #28154: Support for lastnames with spaces in user autocompleters
    ウォッチャーのオートコンプリートで姓が空白を含む場合に対応
  • Patch #28494: Recalculate issue priority position names if default value changed
    デフォルトの優先度を変更したとき各優先度のCSSクラス名の付け替えが行われない

Issues filter

  • Feature #8160: Extend watched_by_me-issue filter to include all project-members instead of only <<me>>-substitution
    チケットのフィルタ「ウォッチャー」の選択肢に「自分」だけではなくすべてのメンバーが表示されるよう拡張
  • Feature #15201: Filter "Assignee" should contain locked users
    チケットのフィルタ「担当者」にロック中のユーザーも表示
  • Feature #28660: Change default operator for text format custom fields from "is" to "contains"
    テキスト形カスタムフィールドのフィルタのデフォルトの演算子を「等しい」から「含む」に変更
  • Patch #26091: Allow to filter by any visible version on the global issues view
    全プロジェクトチケット一覧のフィルタ「バージョン」で表示可能なすべてのバージョンを選択できるよう拡張

Issues list

  • Feature #27316: Highlight due date of overdue issues in the issues list
    チケット一覧の期日の表示のうち期限を過ぎているものは赤で表示

LDAP

  • Defect #24970: Net::LDAP::LdapError is deprecated
    例外クラス Net::LDAP::LdapError の代わりに新しい Net::LDAP::LdapError を使用
  • Defect #28000: Deletion of an LDAP authentication mode may fail silently
    使用中のLDAP認証モードを削除しようとするとエラー表示なしで失敗する
  • Feature #21923: net-ldap 0.12.0 - 0.12.1 dropped support of UTF-8
  • Patch #29606: Support self-signed LDAPS connections
    自己署名証明書を使用したLDAPサーバを使用するために証明書の検証を省略する設定を追加

My page

  • Feature #2471: Add my activities to my page
    新しいマイページブロック「自分の活動」
  • Feature #29449: Filter out issues from closed projects in My Page blocks
    マイページブロック「担当しているチケット」「報告したチケット」「ウォッチしているチケット」にクローズしたチケットを表示しないよう変更

PDF export

  • Defect #12510: Issues PDF export: Spent time/Float-values aren't rounded to 2 digits
    チケットをPDFにエクスポートしたとき作業時間が小数第2位までに丸められていない

Performance

  • Feature #28952: Update User#last_login_on only once per minute
    ユーザーの最終接続日の更新を1分間に1回までに制限。短時間に多数の認証要求があったときに発生しうるデータベースのロック待ちを防ぐ。
  • Patch #26711: Use pluck instead of collect/map
    collect または map メソッドの代わりに pluck メソッドを使用
  • Patch #26747: Use find_by instead of where.first to remove unnecessary sorting
    where.first の代わりに find_by を使用。データベース上での不要なソートを回避
  • Patch #27671: Use reverse_each instead of reverse.each for better performance
    reverse.each の代わりに reverse_each メソッドを使用
  • Patch #29299: Use Enumerable#sort_by instead of Enumerable#sort
    Enumerable#sort の代わりに Enumerable#sort_by を使用
  • Patch #29305: Use Hash#each_key instead of Hash#keys.each
    Hash#keys.each の代わりに Hash#each_key を使用
  • Patch #29359: Switch to mini_mime from mime-types
    mime_types gem をよりコンパクトで高速な mini_mime gem に変更
  • Patch #29363: Use String#tr instead of String#gsub
    String#gsub の代わりに String#tr を使用
  • Patch #29406: Use sorted instead of sort

Permissions and roles

  • Defect #26145: Don't redirect anonymous users to the login form for disabled modules
    匿名ユーザーがプロジェクトの無効なモジュールにアクセスしたときログイン画面にリダイレクトせずに403エラーを表示

Plugin API

  • Defect #26610: Migration file generated by redmine_plugin_model generator is not compatible with Rails 5.1
    redmine_plugin_model によって生成されたマイグレーションファイルがRails 5.1に対応していない
  • Defect #28668: redmine_plugin_controller generates camelcase filename
    redmine_plugin_controller によって生成されるファイル名がスネークケースではなくキャメルケースになっている
  • Patch #28564: JSON API responses cannot have elements named 'request' or 'response'
    JSON APIのレスポンス内に request または response という名前の要素を持たせることができない

Project settings

  • Feature #26488: Project settings : Move issue tracking settings to their own tab
    プロジェクトの設定画面に「チケットトラッキング」タブを新設。チケット関係の設定をほかのタブから移動
  • Feature #26579: Project settings : remove Wiki tab
    プロジェクトの設定画面から「Wiki」タブを削除。Wikiのメインページはページの「名前変更」画面のチェックボックス「メインページ」で設定可能に
  • Patch #27799: Mark default version in versions tab from project settings
    プロジェクト設定画面の「バージョン」タブでデフォルトバージョンが識別可能

Projects

  • Feature #10282: Copy wiki attachments on project copy
    プロジェクトをコピーするときwikiの添付ファイルもコピー
  • Feature #20081: Filter issues and time entries by project status
    チケットと作業時間のフィルタにプロジェクトのステータスを追加
  • Patch #26621: Allow to copy documents along with projects
    プロジェクトをコピーするとき文書モジュールのコピーにも対応
  • Patch #26622: Copy version attachments (i.e. Files) along with the versions on project copy
    プロジェクトをコピーするときバージョンとファイルのコピーにも対応

REST API

  • Defect #28686: /users API does not accept boolean-like String values for generate_password
    REST APIでユーザーを作成するときgenerate_password要素に文字列 "true" を設定しても無視される
  • Patch #28191: Add assignable, issues_visibility, time_entries_visibility and users_visibility to Roles API response
    REST APIでロールを取得したときのレスポンスに assignable と issues_visibility と time_entries_visibility を追加
  • Patch #29459: Add admin flag to users API
    REST APIでユーザーを取得したときのレスポンスに admin を追加

Rails support

  • Feature #19755: Drop protected_attributes gem
    protected_attributes gemの使用を終了
  • Feature #23630: Migrate to Rails 5.2
    Rails 5.2へ移行
  • Patch #28934: Support migration context for plugins
    プラグインでmigration contextをサポート

Ruby support

  • Feature #25538: Drop support for Ruby 2.2.1 and ealier, 2.2.2+ is now required
    Ruby 2.2.1以前への対応を終了
  • Feature #27849: Ruby 2.5 support
    Ruby 2.5に対応

SCM

  • Feature #26576: Use tabs to switch between file changes and diff of a commit
    「差分」と「ファイル」の表示の切り替えをタブに変更
  • Patch #26391: Drop Darcs SCM support
    Darcsリポジトリへの対応を終了
  • Patch #26522: Repository routing bug when file path starts with (browse|entry|raw|changes|annotate|diff)/
    browse、entry、raw、changes、annotate、diffのいずれかで始まるパスをリポジトリブラウザで参照できない

SEO

  • Defect #27865: RailsBaseURI ignored while creating robots.txt
    robots.txt を生成する際に RailsBaseURI が無視される
  • Feature #27876: Add project id to robots.txt
    robots.txt にid番号によるプロジェクトへのパスも追加
  • Feature #29503: Discourage search engines from indexing old versions of wiki pages
    検索エンジンがWikiの古いバージョンをインデックスしないよう最新バージョン以外のページにはrobotsメタタグを追加

Search engine

  • Feature #26620: Change the text of the submit button on search page from button_submit to label_search
    検索詳細画面のボタンの名称を「送信」から「検索」に変更
  • Patch #30037: Allow single Chinese character as a search keyword
    検索キーワードは最低2文字以上必要だが漢字に限っては1文字でも許可

Text formatting

  • Defect #26443: User link syntax (user:login) doesn't work for logins consisting of an email adress
    ユーザーへのリンクの書式(user:login)が、メールアドレス形式のログインIDが使われている場合は動作しない
  • Defect #26507: "attachment:filename" link syntax would not work if the file name contains "@"
    添付ファイルへのリンクの書式 attachment:filename が、 @ を含むファイル名だと動作しない
  • Defect #26708: Diff formatting results empty lines if they contains HTML tags
    diff形式のテキストに対してシンタックスハイライトを使用した際、HTMLタグが表示されない
  • Defect #26892: Link to user in wiki syntax only works when login is written in lower case
    ユーザーへのリンクの書式(user:login)が、ログインIDが小文字で書かれているときしか動作しない
  • Defect #27968: Image filename for HDPI monitors (image@2x.jpg) are misrecognized as email address
    高解像度画像のファイル名(image@2x.jpg)がメールアドレスと誤認される
  • Feature #22843: Change the value of "pre" button in Markdown toolbar from "~~~" to ""</span><br>Markdownツールバーのpreボタンで挿入される値を ~~~ から に変更
  • Feature #24681: Syntax highlighter: replace CodeRay with Rouge
    シンタックスハイライト用エンジンをCodeRayからRougeに変更し対応言語が大幅増
  • Feature #26552: Allow "max-height", "max-width", "min-height" and "min-width" CSS properties in Textile
    Textileで指定できるCSSに max-height、max-width、min-height、min-width を追加
  • Feature #28796: Make sure that inline markups inserted by wiki toolbar are surrounded by whitespaces
    ツールバーから太字などの書式を挿入した際に前後に空白を挿入し、日本語や中国語など単語間のスペースがない言語でも文字修飾が正しく行われるよう対応
  • Patch #16313: Allow to link to an anchor of the current wikipage
    同一Wikiページ内の見出しへリンクするにはこれまで [[#anchor]] を追加。ページ名の指定が不要に。
  • Patch #27114: Make robust Redmine::Helpers::URL#uri_with_safe_scheme?
    不正な形式のリンクが入力された際のエラー処理を改善
  • Patch #28169: Enable and add underline button to the toolbar for Markdown formatting
    Markdownでアンダーラインに対応(\_text\_
  • Patch #28207: Test improvements for footnotes formatting syntax
    脚注の書式のテストの改善
  • Patch #29488: ##123 syntax for linking to issues with tracker name and subject
    トラッカー名・題名付きでチケットにリンクする新たな書式(##123)

Time tracking

  • Feature #26356: Time entry list: set default column options
    時間管理の一覧で表示するデフォルトの項目の設定(管理→設定→時間管理→作業時間の一覧で表示する項目)
  • Feature #26396: Timelog list : new column that contains the date when the time was logged
    作業時間の一覧で「作成日」の表示に対応
  • Feature #28391: Add issue category filter and column to spent time queries
    作業時間の一覧でチケットのカテゴリのフィルタと表示に対応
  • Feature #29042: Add links to Users, Projects and Versions (at least) in timelog report
    作業日の一覧の表示にユーザー、プロジェクト、バージョンへのリンクに対応
  • Patch #24005: Settings to accept 0 hours time entries and for maximum hours per user and day
    作業時間の入力値として0を受け付けるオプションと1日1ユーザーあたりの最大作業時間を制限するオプションを追加
  • Patch #26534: Allow project bulk edit of time entries
    作業時間の一括編集でプロジェクトの編集に対応
  • Patch #29162: Only allow visible custom fields as aggregation criteria in time reports
    グループ条件として指定できるカスタムフィールドをそのユーザーが参照可能なものに限定

Translations

  • Defect #22424: Change Russian translation for default_issue_status_feedback
    ロシア語訳の default_issue_status_feedback の修正
  • Defect #28160: Misleading russian translation for "Log time" button
    ロシア語訳の "Log time" を修正
  • Defect #29901: Fix typo in French text_tracker_no_workflow
    フランス語訳の text_tracker_no_workflow の修正
  • Patch #26501: Change English translation for setting_issue_list_default_columns
    setting_issue_list_default_columns の英訳変更
  • Patch #26514: German translation for 404-error-page is semantically not correct and misleading
    404エラーページのドイツ語訳の修正
  • Patch #26591: Spanish "text_journal_changed" translate change
    text_journal_changedのスペイン語訳の変更
  • Patch #27506: Czech translation change
    チェコ語訳の変更
  • Patch #27768: Lithuanian "default_role_developer" translation change
    default_role_developerのリトアニア語訳の修正
  • Patch #27926: Change Bulgarian translation for label_news_new
    label_news_newのブルガリア語訳の変更
  • Patch #27989: Change Galician translation for "Underline" and "Wiki link" (jstoolbar-gl.js)
    Underlineのガリシア語訳の変更
  • Patch #28279: Change German translation for not_a_regexp and setting_mail_handler_enable_regex
    not_a_regexpとsetting_mail_handler_enable_regexのドイツ語訳の変更
  • Patch #28311: Remove unused i18n key "permission_move_issues"
    使われなくなったi18nキーを削除
  • Patch #28321: Change Japanese translation for "in use"
    "in use"の日本語訳を「使用されています」から「使用中です」に変更
  • Patch #28493: Persian translation update and improvements
    ペルシャ語訳の改善
  • Patch #28769: Change inconsistent Japanese translation for time tracking activities
    time tracking activitiesの日本語訳を「作業分類」に統一
  • Patch #29115: Change Japanese translation for date filter operators
    チケットのフィルタの日付の演算子の日本語訳の改善
  • Patch #29118: Change Japanese translation for text_user_mail_option
    text_user_mail_optionの日本語訳の改善
  • Patch #29129: Use active voice instead of passive voice in Japanese translation
    日本語訳の訳文ではなるべく受動態ではなく能動態を使用
  • Patch #29275: Update French translations
    フランス語訳の更新
  • Patch #29697: Czech translation fixes
    チェコ語訳の修正
  • Patch #29739: Change English name for zh and zh-TW to "Chinese/Simplified" and "Chinese/Traditional"
    簡体中国語と繁体中国語の英語名を変更

UI

  • Defect #5593: Grey out workflow checkboxes for transitions to the same status
    ワークフロー画面で遷移元と遷移先が同一であるチェックボックスはグレーアウトして表示
  • Defect #17517: Attempting to Add a Related Issue Multiple Times Sequentially Causes 500
    関連を連続して追加しようとするとHTTP 500エラーが発生する
  • Defect #29607: Allow project column to break into new line in time entry table
    作業時間の一覧で長いプロジェクト名は折り返して表示
  • Feature #8888: Add a link / button to get back to the Issue/Time tracking screen from the "Log time" screen
    「作業時間の記録」画面にキャンセルボタンを追加
  • Feature #12221: Add "View Differences" button above wiki and repository revisions table
    「差分を表示」ボタンをリポジトリと履歴の一覧画面の上部にも表示
  • Feature #22978: Links to issue notes should highlight the linked note
    チケットの注記へのリンクをクリックしたときリンク先の注記をハイライト表示
  • Feature #26253: Render repository graphs using Chart.js instead of SVG
    リポジトリの統計のグラフをSVGではなくchart.jsを使って描画するよう変更
  • Feature #26577: More neutral color download icon
    ダウンロードアイコンをより自然な色のものに変更
  • Feature #26638: Move journal action links above the notes
    チケットの履歴に対する操作のアイコンをそれぞれの注記の上に移動
  • Feature #26648: Show transparency grid when previewing images
    画像をプレビューする際に透明グリッドを表示
  • Feature #27758: Adds preview option to the wiki toolbar
    Wikiツールバーにプレビュータブを追加。従来の「プレビュー」リンクは廃止
  • Feature #28330: Links to wiki headings should highlight the linked heading
    wikiの見出しへのリンクをクリックしたときにリンク先の見出しをハイライト表示
  • Feature #28413: Add CSS class to identify public projects
    公開プロジェクトを識別するためのCSSクラスを追加
  • Feature #28531: Add css to distinguish when a main menu is present or not
    メインメニューが存在するかどうか識別するためのCSSクラスを追加
  • Feature #29053: Add check/unchek all icon in "Email notifications" section on "My account" page
    個人設定画面の「メール通知」セクションにチェックボックスを一括してON/OFFするためのアイコンを追加
  • Feature #29080: Add check/uncheck all icon in "Copy" section on copy_project page
    プロジェクトをコピーする画面の「コピー」セクションにチェックボックスを一括してON/OFFするためのアイコンを追加
  • Feature #29183: Move "Latest news" above "Members" on project overview page
    プロジェクトの「概要画面」で「最新のニュース」と「メンバー」の上下位置を入れ替え
  • Feature #29306: Add assignee's icon to tooltips in gantt and calendar
    ガントチャートとカレンダーのツールチップに担当者のGravatarアイコンを表示
  • Patch #25853: Move left bottom links from project settings above
    プロジェクトの設定画面で左下に配置していたボタンを上に移動
  • Patch #26125: Unify form#query_form on calendar/gantt views with issues/spent time views
    カレンダーとガントチャート画面のフォームの構造をチケット画面と作業時間のものと統一
  • Patch #26655: Additional icon for contextmenu
    コンテキストメニューにアクセスするためのアイコンをチケット一覧に追加
  • Patch #26662: Add border around issue history to prevent accidental deletion of an issue
    注記を削除しようとしてチケットを誤削除する事故を防ぐため、履歴欄を囲む線を追加
  • Patch #26674: Add CSS classes to column headers of issues and timelogs list
    チケットと作業時間の一覧のカラムのヘッダにCSSクラスを追加
  • Patch #27009: Clarify consequences of disabling the login_required setting
    「認証が必要」の設定を無効にした場合の影響を画面に明記
  • Patch #27219: Show default status on the trackers list
    トラッカー一覧画面にデフォルトステータスを表示
  • Patch #27240: Render the activities block on the UsersController#show view grouped, with event_type icon and with the 'me' indication
    プロフィール画面の活動の表示をグルーピングおよびイベント種別のアイコンを表示
  • Patch #27807: Use a unique way to check/uncheck a group/fieldset with checkboxes
    チェックボックスを一括してON/OFFするための方法を統一
  • Patch #28242: Add toggle checkboxes link (green tick) to several screens
    チェックボックスを一括してON/OFFするためのリンクをいくつかの画面に追加
  • Patch #28662: Replace "Cancel" buttons from the modals with "Cancel" link
    モーダル画面のキャンセルボタンをリンクに変更
  • Patch #29033: Move attachments to their own section in issue page
    チケット表示画面の「添付ファイル」を独立したセクションに移動
  • Patch #29644: Add a link to issues summary to issue tracking box on overview page
    プロジェクトの「概要」画面内の「チケットトラッキング」にチケットのサマリへのリンクを追加

Wiki

  • Defect #22967: Special character like quote breaks wiki links
    Wikiリンクにクォーテーションマークなど一部の文字が含まれると正しくリンクされない
  • Defect #22975: Moving a wiki page to a different project should refresh parent page list
    Wikiページを別プロジェクトに移動させるときプロジェクトを選択した後に親ページのドロップダウンリストが更新されない
  • Feature #26575: Add update info at the bottom of the wiki page
    Wikiページのフッタ部に最終更新者、更新日、リビジョン数を表示
  • Patch #16446: Generate full URLs to images and linked pages in the Wiki HTML export
    WikiページをHTMLにエクスポートしたときに画像とリンク先のURLをパスのみのリンクからホスト名も含むリンクに変更
  • Patch #26043: Set the parent page automatically when creating a wiki page from the "Add page" link
    新しいWikiページを「追加」ボタンから作成したときに親ページを自動的に設定
作成: 2018-12-27 01:01  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。