Redmine 3.3新機能紹介: トラッカーに対するロールベースの権限制御(チケットの閲覧/追加/編集/削除/注記の追加)

2016-06-29 16:00  •  分類: ,

Redmine 3.3では、トラッカーごとにチケット操作(チケットの閲覧/追加/編集/削除/注記の追加)の権限制御ができるようになりました。これまでは「ロールと権限」画面でロールごとに全トラッカーに対して一括での権限設定しかできませんでしたが、3.3.0では同じロール内でもトラッカーごとに異なる設定が可能です。

設定例

「管理」→「ロールと権限」→各ロールの設定画面の一番下から変更できます。

例① チケット作成時に特定のトラッカーしか選択できないようにする

  • 「経理」ロールのメンバーは、新しいチケットを作成するとき「経理」トラッカーしか選択できない
  • 「経理」ロールのメンバーは、「営業」「開発」トラッカーのチケットは閲覧と注記の追加のみ可能

例② プロジェクトではなくトラッカーで部署をわける(アクセス制御を行う)

  • 「経理」ロールのメンバーは、「経理」トラッカー以外のチケットは閲覧/追加/編集/削除/注意の追加ができない (「経理」トラッカーのチケット以外は見えない・更新できない)
  • 同じプロジェクトに複数の部署のユーザーが混在していても、プロジェクト内の他のチケットが見えることがない

設定できる権限

各トラッカーに対してON/OFFできる権限は、「管理」→「ロールと権限」→各ロールの設定画面で、下図の5つの権限のうちロールに付与されているもの(チェックが入っているもの)のみです。ロールの設定で権限を付与せずに各トラッカーで権限を付与する設定を行うことはできません。

関連情報

作成: 2016-06-29 16:00  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。