Redmine 3.3新機能紹介: 複数のチケット番号を指定したフィルタ

2016-07-01 18:00  •  分類: ,

チケットのフィルタに新しく「チケット」が追加され、チケット番号を指定してチケットの一覧を絞り込むことができるようになりました。複数のチケット番号をコンマで区切って指定することもできます。

この機能はメールやチャットで複数のチケットを示すときに便利です。特定のチケットを示すためにチケットのURLを貼り付けることがありますが、複数のチケットを示したいときはこれまではチケットの数だけURLを貼り付ける必要がありました。この機能を使って対象のチケットを指定してフィルタを適用すれば、チケット一覧のURL一つだけで複数チケットをまとめて示すことができます。

また、チケット一覧画面で複数のチケットにチェックを入れ、右クリック→「フィルタ」をクリックすれば簡単にフィルタを作成することができます。

関連情報

作成: 2016-07-01 18:00  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。