Redmine 3.3新機能紹介: シンタックスハイライト用の記述を挿入するツールバーのボタン

2016-07-11 22:20  •  分類:

RedmineはチケットやWikiに記述されたソースコードの予約語や定数を強調表示して読みやすくするシンタックスハイライト機能を備えています。

Redmineのシンタックスハイライトの例 (CSS)

シンタックスハイライトを行うには対象のコードの前後に専用の記述が必要ですが、これまでは手入力しなければならず少々面倒でした。特に、「テキストの書式」(「管理」→「設定」→「全般」) を Textile に設定している場合は長い記述が必要で、一層面倒でした。

Redmine 3.3では、チケットやWikiのツールバーにシンタックスハイライト用の記述を挿入するボタンが追加され、わざわざ手入力しなくても2クリックで済むようになりました。

Textile の場合

Markdown の場合

関連情報

作成: 2016-07-11 22:20  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。