Redmine 3.0のCHANGELOG (新機能のみ・日本語訳付き)

2015-02-23 23:50  •  分類:

RedmineのCHANGELOGの3.0関係部分のうち、新機能に関する記述の日本語訳です。チケット番号はRedmineオフィシャルサイト上のチケットにリンクしています。

Administration (システム管理)

  • Feature #11702: ユーザー/グループを複数のプロジェクトのメンバーとして一括追加 (Add user/group to multiple projects at once)

Attachments (添付ファイル)

  • Feature #1326: 添付ファイルの説明欄を後から編集 (Add / edit an attachment description after upload)

Code cleanup/refactoring (コードクリーンナップ / リファクタリング)

  • Feature #6426: MenuManager::MenuItemがnamed routeに対応 (MenuManager::MenuItem should support a named route as a url)
  • Patch #18290: チケットの処理のパフォーマンス向上のため余計なオブジェクトの読み込みを排除 (Issue performance patch)
  • Patch #18565: プロジェクトの概要ページのHTMLの改善 (html improvements on project landing page)
  • Patch #18679: (LabelledFormBuilder#label outputs 2 label elements)
  • Patch #18817: (Sort helper undefined to_a for string)
  • Patch #18818: (TimeEntry acts_as_activity_provider scope should joins(:project))

Custom fields (カスタムフィールド)

  • Feature #15236: チケットの履歴において「長いテキスト」形式のカスタムフィールドの変更はdiff形式で表示 (Propose diff view for long text custom fields)

Documentation (マニュアル / ヘルプ)

  • Feature #4518: Wiki記法のヘルプにネストしたリストについての記述を追加 (Wiki formatting documentation for nested lists)
  • Feature #12734: Wiki記法のヘルプにテーブルについての記述を追加 (Add table reference to textile help)
  • Feature #13497: Wiki記法のヘルプにニュースとフォーラムの記述を追加 (Document all available Redmine links properly)

Documents (文書)

  • Feature #7249: 文書に対するカスタムフィールド (Custom fields for Documents)

Email notifications (メール通知)

  • Patch #18983: 対象バージョンを指定したリマインダメールの送信 (Allow filtering of Redmine Reminders by Version)

Email receiving (メールによるチケット登録)

  • Feature #4244: 一人のユーザーに対してメールアドレスを複数設定 (Multiple email addresses for each user)
  • Feature #13425: メールによるチケット登録においてヘッダに “X-Autoreply: yes” が含まれるメールを無視 (Ignore X-Autoreply mails)
  • Feature #16823: メールによるチケット登録でIMAP STARTTLSに対応 (IMAP STARTTLS support)
  • Feature #19131: mime-typeがapplication/octet-streamとして登録された添付ファイルをダウンロードさせる際、拡張子に基づいてmime-typeの推定を実施 (Use a better content type for attachments created with application/octet-stream)

Hook requests (プラグイン用フック)

  • Patch #6586: ビューフック ::view_calendars_show_bottom を追加 (Calendar view hook Request)

Issues (チケット)

  • Feature #18500: チケットをコピーする際に自動的に関連するチケットの設定を行うかどうかを、管理→設定→チケットトラッキング→チケットをコピーしたときに関連を設定 で設定可能 (Optional linking when copying issues)
  • Feature #18571: 使用するトラッカーが設定されていないプロジェクトでは「新しいチケット」を表示しない (Tab “New Issue” should not be displayed if a project has no trackers)

Issues workflow (ワークフロー)

  • Feature #5991: トラッカー毎にデフォルトステータスを指定 (Tracker should have it’s own default issue status)

PDF export (PDFエクスポート)

  • Feature #13051: PDFエクスポート時にWikiマクロを処理 (Support any macro in (pdf) export for wiki’s and issues)

Permissions and roles (ロールと権限)

  • Feature #11724: 表示できるユーザーを自分が参照できるプロジェクトのメンバーのみに限定する機能 (Prevent users from seeing other users based on their project membership)

Plugin API (プラグインAPI)

  • Feature #17763: ビューフック内で複数の部分テンプレートの処理 (Ability to render multiple partials with view hook)
  • Patch #18276: (Allow queries captions to be dynamic)

Rails support (Rails対応)

  • Feature #12097: マルチスレッド対応 (Multi Thread Support)
  • Feature #14534: Rails 4.2へのアップグレード (Upgrade to Rails 4.2)

REST API

  • Patch #18707: REST APIでのサムネイル画像の取得に対応 (Allow attachment thumbnails from REST api)

Ruby support (Ruby対応)

  • Feature #14371: Ruby 1.8.7に対応するためのコードを削除 (Drop Ruby 1.8.7 support)
  • Feature #18947: Ruby 2.2対応 (Ruby 2.2 support)

SCM (リポジトリ)

  • Feature #1415: リポジトリの設定で指定できるURL・パスをconfiguration.yml内の設定 scm_*_path_regexp で制限 (Let system administrator limit repositories valid sources)
  • Feature #8818: リポジトリのユーザーとRedmineのユーザーを関連づける際、複数のメールアドレスを一つのRedmineユーザーに関連づける (Repository user-mapping with multiple email addresses)

Search engine (検索エンジン)

  • Feature #992: 検索機能で未完了のチケットのみを検索対象に指定できるオプションを追加 (Option to search open issues only)
  • Feature 検索機能でチケットに添付したファイルの名前と説明欄も検索 #4383: (Search Names of Files Attached to Issues)
  • Feature #18631: 検索結果の欠落防止および検索スピードを2倍に向上 (Better search results pagination)
  • Feature #18801: PostgreSQLでアクセント符号を無視した検索に対応 (Support for accent insensitive search with PostgreSQL)
  • Patch #19005: 検索結果の1ページあたり表示件数の設定 (Make search results per page configurable)

Text formatting (テキスト処理)

  • Feature #8121: Wiki記法でCSSクラス.rtlと.ltrにより部分的に文字表記の方向を指定可能 (Allow overriding direction of part of text)

Third-party libraries (サードパーティーライブラリ)

  • Feature #18860: awesome_nested_set gemを廃止して独自実装のnested setに置き換え (Replace awesome_nested_set gem with a custom implementation of nested sets)

Translations (翻訳)

  • Patch #13120: 言語選択ドロップダウンの形式を「英語表記 (現地語表記)」に統一 (Translation in language selection)
  • Patch #18182: (Latvian translation update)
  • Patch #18261: 日本語訳における用語不一致(「既定」と「デフォルト」)を「デフォルト」に統一 (Japanese translation change (fix terms mismatch “default”))
  • Patch #18392: (German translation: Self-registration)
  • Patch #18671: 日本語訳で「並び替え」を「並べ替え」に変更 (Japanese translation change (fix misspelled word))
  • Patch #19035: 日本語訳「年齢」を「経過期間」に変更 (Japanese translation fix (label_age))

UI

  • Feature #13849: チケットのフィルタを設定するためのドロップダウンで項目を分類して表示 (Grouped filters in the filter drop-down)
  • Feature #17354: ユーザーの情報を表示する画面でシステム管理者に対しては最終設備を表示 (User detail : show user login to admins)
  • Patch #18390: RTL表記のためのCSSの改善 (Better RTL css for the system)
  • Patch #18659: チケット画面で子チケットと関連するチケットの題名を60文字で切り捨てずにすべて表示 (Do not truncate subissue/related issues titles on single issue view)
  • Patch #18692: チケット、活動、ガントチャート、リポジトリ、カレンダー、検索機能で、画面を前後に巡るためのショートカットキーを追加 (Access keys for previous (p)/next (n) links)

Wiki

  • Feature #5450: Wikiページを別のプロジェクトに移動。Wikiページの「名前変更」画面で移動先プロジェクトを指定する (Move wiki page to other project)
作成: 2015-02-23 23:50  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。