Redmine 2.6のCHANGELOG (新機能のみ・日本語訳付き)

2014-11-01 17:30  •  分類:

RedmineのCHANGELOGの2.6関係部分のうち、新機能に関する記述の日本語訳です。チケット番号はRedmineオフィシャルサイト上のチケットにリンクしています。

  • Feature #16164: ロール・トラッカーを複数選択してワークフローを一括編集 (Bulk edit workflows for multiple trackers/roles)
  • Feature #16362: メール通知のオプション「担当者の更新」を追加 (Option to send email on “Assignee updated”)
  • Feature #16707: POP3経由でのチケット登録がpop3sに対応 (Integrate support of SSL for POP3 incoming emails)
  • Feature #17077: sys/fetch_changesets がPOSTメソッドにも対応 (fetch_changesets should use POST method too)
  • Feature #17380: projects/show(概要画面)のサイドバーを部分テンプレート化。プラグインによるオーバーライドが可能に (Move project sidebar content to a partial)
  • Feature #17431: 対象バージョンへのリンクにカーソルを載せるとツールチップで期日を表示 (Display a target version’s date if available in issue forms, as a tooltip)
  • Feature #17570: rfpdfのバンドルしたものではなくgemでインストールしたものを使用するよう変更 (use rbpdf gem instead of bundled rfpdf)
  • Feature #17628: APIで取得できるプロジェクトの情報に is_public を追加 (Expose project is_public property via API)
  • Feature #17955: マイページの「作業時間の記録」にリンク「時間を記録」を追加 (Add link to /time_entries/new from My Page Spent Time block)
  • Feature #17976: プロジェクトごとに非メンバーと匿名ユーザーの権限を設定 (Custom permissions per project for non member and anonymous users)
  • Feature #17993: チケットの一覧のソート順を示すCSSクラス sort-by-*, sort-asc, sort-desc を追加 (Issues list : css tags to get sort orders)
  • Patch #6498: User#allowed_to_globally? の第2パラメータ options を省略可能に (Make options parameter optional in User#allowed_to_globally?)
  • Patch #13589: (Wiki PDF export for 2 column tables)
  • Patch #16190: メールによるチケット登録で、Auto-Submittedヘッダフィールドがついたメールをすべて無視するのではなく、値がAuto-Repliedか Auto-Generatedのもののみ無視するよう変更 (Relax rejections based on Auto-Submitted header)
  • Patch #16240: プライベート注記をより明確に識別できるよう変更 (Private notes should be marked more clearly)
  • Patch #16685: (Introduce the request_store gem to hold User.current and prevent data leakage in error messages)
  • Patch #16878: configuration.yml内にERBが記述可能に (Parse configuration file for ERB)
  • Patch #16905: (Count users with a single query on group list)
  • Patch #16925: (Improve performance of Principal.member_of scope)
  • Patch #17308: 日本語訳変更: ワークフローにおける用語の不一致 (Japanese translation change (fix terms mismatch in workflow))
  • Patch #17346: 日本語訳変更: 英語画面の変更に追従 (Japanese translation change (followed updates of en.yml))
  • Patch #17456: 日本語訳変更: カスタムフィールド関係の訳の改善 (Japanese translation change (custom fields))
  • Patch #17492: configuration.example.ymlで設定例をデフォルト設定よりも下に移動。設定変更したつもりがデフォルト設定が適用されることがある問題を回避 (Lowering configuration.example.yml confusion)
  • Patch #17602: APIでプロジェクトの情報を取得する際に include=enabled_modules パラメータを指定するとプロジェクトで有効なモジュールの一覧が取得できるように (Include enabled modules in projects API)
  • Patch #17717: パスワード・メールアドレスを変更するとほかのセッションを無効化し再ログインを要求 (Password/Email address change should invalidate security tokens)
  • Patch #17796: パスワード・メールアドレスを変更するとほかのセッションを無効化し再ログインを要求 (Expire all other sessions on password change)
  • Patch #17847: wikiヘルプに組み込みマクロ4個の説明を追加 (Wiki extended help macros do not reflect basic Redmine macros)
作成: 2014-11-01 17:30  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。