Redmine 2.3新機能紹介: 親プロジェクトのメンバーを子プロジェクトで継承

2013-03-24 16:50  •  分類: ,

Redmine 2.3では親プロジェクトのメンバーの設定を子プロジェクトで継承できるようになりました。

プロジェクトが親子の関係になっているとき、Redmine 2.2までは子プロジェクトでは親プロジェクトでのメンバー設定が全く継承されず、親プロジェクトのメンバーに子プロジェクトへアクセスさせたい場合でも子プロジェクトでメンバーの設定を行う必要がありました。Redmine 2.3ではメンバーの継承の設定を行えば親プロジェクトのメンバーが子プロジェクトにもアクセスできます。

案件を多数の子プロジェクトに分割して管理している場合などに、すべての子プロジェクトにアクセスさせたい人を親プロジェクトでまとめて設定しておくことができます。

親プロジェクトのメンバーを継承するための設定

プロジェクトの「設定」画面の「情報」タブで「メンバーを継承」をONにしてください。親プロジェクトのメンバーがこのプロジェクトにもアクセスできるようになります。

この状態で、さらにこのプロジェクト固有のメンバーを「設定」→「メンバー」で追加することもできます。

関連情報

作成: 2013-03-24 16:50  •  分類: ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。