Redmine 2.2のCHANGELOG (新機能のみ・日本語訳付き)

2012-12-12 23:01  •  分類:

RedmineのCHANGELOGの2.2関係部分のうち、新機能に関する記述(Feature)の日本語訳です。チケット番号はRedmineオフィシャルサイト上のチケットにリンクしています。

  • Feature #1554: プライベート注記 (Private comments in tickets)
  • Feature #2161: 休業日の設定。休業日は後続するチケットの開始日の再計算とガントチャートの表示で使われる (Time tracking code should respect weekends as “no work” days)
  • Feature #3239: チケット一覧で関連するチケットを表示 (Show related issues on the Issues Listing)
  • Feature #3265: チケットのフィルタの条件に関連するチケットが利用可能 (Filter on issue relations)
  • Feature #3447: チケットの一覧で説明欄を表示するオプション (Option to display the issue descriptions on the issues list)
  • Feature #3511: チケット一覧でグループ条件に指定したカラムがソート条件で利用可能 (Ability to sort issues by grouped column)
  • Feature #4590: 先行するチケットの期日を前倒しした際に後続するチケットの開始日・期日も前倒し (Precede-Follow relation should move following issues when rescheduling issue earlier)
  • Feature #5487: チケットの親子関係をプロジェクトをまたいで設定可能 (Allow subtasks to cross projects)
  • Feature #6899: コピー元とコピー先のチケットにチケットの関連を設定 (Add a relation between the original and copied issue)
  • Feature #7082: Wikiに対するREST API (Rest API for wiki)
  • Feature #9835: 列挙項目に対するREST API (REST API – List priorities)
  • Feature #10789: Wikiマクロ {{child_pages}} にdepthオプションを追加 (Macros {{child_pages}} with depth parameter)
  • Feature #10852: Wikiの履歴の削除 (Ability to delete a version from a wiki page history)
  • Feature #10937: ユーザー名の表示書式に苗字のみを追加 (new user format #{lastname})
  • Feature #11502: REST APIでロールの詳細(名前、権限の一覧)を取得 (Expose roles details via REST API)
  • Feature #11755: REST APIでのユーザーの切り替え (Impersonate user through REST API auth)
  • Feature #12085: ユーザー名の表示書式に名+姓のイニシャルを追加 (New user name format: firstname + first letter of lastname)in plugins)
  • Feature #12125: REST APIでファイルをアップロードする際にファイル名を指定可能 (Set filename used to store attachment updloaded via the REST API)
  • Feature #12167: 折り畳み可能なコンテンツを挿入するためのWikiマクロ (Macro for inserting collapsible block of text)
  • Feature #12211: チケット表示画面で「説明」を <div class="description"> で囲んだ (Wrap issue description and its contextual menu in a div)
  • Feature #12216: 優先度をidではなくテキストで表現するCSSクラスを追加 (Textual CSS class for priorities)
  • Feature #12299: プラグインが要求するRedmineバージョンを指定する際の記述方法を改善 (Redmine version requirement improvements (in plugins))
  • Feature #12393: Rails 3.2.9へのアップグレード (Upgrade to Rails 3.2.9)
  • Feature #12475: 言語ファイルの遅延ロードにより起動時間を短縮 (Lazy loading of translation files for faster startup)
作成: 2012-12-12 23:01  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。