Redmineヘッドライン 月刊まとめ(2020年12月)

2021-01-21 14:00  •  分類:  • 

2020年12月の月刊まとめは、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェア Redmine のアドベントカレンダー2020のまとめです(構築・運用・開発・プラグイン・サービスなど)。

構築・インストール・バージョンアップ

インストール済みのRedmineをRedMica 1.2に切り替える手順 (blog.redmine.jp)

インストール済みのRedmineをRedmine互換のオープンソースソフトウェア「RedMica 1.2」に切り替える手順例の紹介です。

RedMica1.1→1.2でのプラグイン対応状況を確認した (qiita.com)

「RedMica」のバージョン1.1からバージョン1.2へ移行した際のRedmineプラグインの対応状況です。

WSL2 と Docker を利用して Windows 上でお手軽に Redmine を構築する (qiita.com)

自分で自由に使うためのRedmineを構築。WindowsのPC上にWSL2(Windows Subsystem For Linux 2) を使って Linux の環境を構築し、Docker を使って少ない手数で Redmine を構築する手順例です。

Redmineを今すぐ試す方法(VirtualBox、Docker、Lightsail、クラウドサービス) (blog.redmine.jp)

「Redmine」を試したい、使ってみたいという方へ、簡単に試せる方法を紹介。環境構築が大変そうだと諦めていた方も気軽に試せます。

運用

見積もりスキル養成ギプスとしての Redmine (akabeko.me)

予定工数と作業時間の記録の仕方を紹介。不確定なタスクの放置がなくなり、スケジュールの遅延をなくします。

開発

開発中のRedmineを業務に使って、改善につなげています (farend.co.jp)

オープンソースソフトウェアであるRedmineの開発に協力。開発中のRedmineを業務に使い、利用の中で問題を見つけ修正や仕様の改善を行っています。

Redmineの活動画面に、チケットの変更を全て表示する。

Redmineの活動画面に、カスタムフィールドを含むチケットの変更を全て表示する改造を行った例です。

チケット駆動開発の運用にて開発した小さなツール達

チケット駆動開発を運用していく中で開発したツールの紹介です。

Redmine プラグインチュートリアル for V4.x系

プラグイン チュートリアル - Redmineガイド において、Redmine バージョン 4.1.1 に対応した差分と補足を解説しています。

プラグイン・カスタマイズ

redmineメール通知をカスタマイズする

Redmineのメール通知機能をカスタマイズする方法です。環境はRedmica 1.2 (Redmine 4.2相当)。

RedmineにPGP/MIMEプラグインを入れてみた(その1)

PGP/MIMEプラグインでRedmineの通知メールを暗号化する方法の紹介です。

view customize pluginでもっと遊ぶ - Qiita

View customize プラグインで複数人の作業工数をまとめて登録するカスタマイズです。

Redmine issue assign notice plugin を作りました (blog.enjoyxstudy.com)

SlackやRocket.Chatに通知するRedmineプラグイン。オプションでメンションを送ることができます。

RedmineのViewCustomizeによるカスタマイズをプロジェクト管理者/ユーザーが触れるようにする

View customizeプラグインのプロジェクトカスタムフィールド/ユーザーカスタムフィールドを利用して、プロジェクト管理者/ユーザーがカスタマイズを行える設定例の紹介です。

Rebuild the Redmine front end with REST API.

RedmineのREST APIを利用して、複数のRedmineを横断できるフロントエンドを構築。デモサイトあり。

サービス

planioを使う理由と今後の付き合い方

Redmineベースのクラウドサービス「Planio」を1年間利用した所感です。

その他

2020年 地球都合(コロナ)とredmineエバンジェリストの会 (madowindahead.info)

Redmine運用成功率の方程式 (note.com)

関白宣言(Redmineとの結婚生活) (okandayo.hatenablog.com)

Redmineが好きになるまでと、好きになった後の一年間の話(前編)

【ふりかえり】ありがとう Redmine 2020 (netazone.net)

なぜ「redmine」という「ツール」を使うのか?(note.com)

2020年 redmine の旅 (note.com)

redmine焼肉を知っているか (madowindahead.info)

若手プロジェクトリーダー向けのRedmine教育資料の構想 (forza.cocolog-nifty.com)

Redmineのクラウドサービス

2021年3月末まで無料提供 プロジェクト管理のMy Redmine 「テレワークで出勤者7割削減」を支援(My Redmine)

政府が発出した緊急事態宣言における感染抑制施策の1つ「テレワークで出勤者7割削減」の達成を支援するため、プロジェクト管理クラウドサービス『My Redmine』を2021年3月31日まで無料で提供。

[PR] Redmineのクラウドサービス一覧

Redmineをクラウドで利用できるサービスの一覧です。在宅勤務などのテレワークでもプロジェクト管理ができます。自社運用のRedmineも、クラウドにそのまま移行することができます。

Redmineヘッドラインのご案内

RedmineヘッドラインではRedmine関連の情報を随時更新しています。ここではご紹介できなかった情報も掲載されていますので、どうぞご覧ください。

作成: 2021-01-21 14:00  •  分類:

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
クラウドサービス「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。