Redmine 2.5新機能紹介: Markdown記法の試験的なサポート

2014-03-17 22:20  •  分類: , ,

RedmineのチケットやWikiの記法はこれまでTextileが採用されていましたが、Redmine 2.5よりMarkdownも試験的にサポートされました。

Markdownはさまざまなソフトウエアやサービスで使われていて慣れ親しんでいる人が多いので、チームへのRedmine導入をスムーズに進めるのに役立ちます。

テキストの書式の切り替え

チケットやwikiの記法の切替は、「管理」→「設定」→「全般」で行えます。

  • 一つのRedmineのでTextileとMarkdownの併用はできません。利用できるのはどちらか一方のみです。
  • チケット等に記載されたTextileとMarkdownを相互に変換する機能はありません。運用中のRedmineの「テキストの書式」を切り替えると、変更前の書式で記述されたチケットやWikiは表示が崩れます。

Markdownのサンプル

Markdownの記述例

# Markdownテスト

**太字**
*斜体*
~~取り消し線~~
`inline code`

# 見出し1
## 見出し2
### 見出し3

* リスト1
* リスト2
* リスト3

```java
public class HelloWorld {
  public static void main (String[] args) {
    System.out.println("hello, world");
  }
}
```

| テーブルヘッダ1 | テーブルヘッダ2 |
|-----------------|-----------------|
| セル1           | セル2           |


[リンク](http://redmine.jp/)

上記記述のRedmineでの表示

関連情報

作成: 2014-03-17 22:20  •  分類: , ,

複数拠点にまたがるプロジェクトのタスク管理・情報共有ができる
インターネット経由で使えるSaaS「My Redmine」「My Subversion

My Redmine - いつでも、どこでもプロジェクト管理
SSL・ウイルス対策・バックアップ込み。何人で使っても月額税別8,000円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。

My Subversion - いつでも、どこでもソースコード共有
ソースコードをメールで送るのはやめて作業効率アップ。月額税別2,500円から。
ぜひ1ヶ月無料でお試しください。